ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)11月プレスリリース資料 > 長野県環境保全研究所山と自然のサイエンスカフェ@信州「コロナ禍でも花は咲く-サトイモの推し事」の参加者を募集します

ここから本文です。

更新日:2021年11月24日

長野県環境保全研究所山と自然のサイエンスカフェ@信州
「コロナ禍でも花は咲く-サトイモの推し事」の参加者を募集します

長野県(環境部)プレスリリース令和3年(2021年)11月24日

本年度第2回「山と自然のサイエンスカフェ@信州」では、飯山市鍋倉山でのナベクラザゼンソウ(サトイモ科)の調査結果や、信州の伝統野菜にもなっている里芋の野生種(サトイモ科)が、故郷の熱帯アジアでどのように生育しているのかについて話題を提供します。

1.日時

令和3年12月10日(金)17時半から18時半まで

2.場所

県立長野図書館(長野市若里1-1-4)
3階信州・学び創造ラボ

3.話題

「コロナ禍でも花は咲く-サトイモの推し事(おしごと)」インドネシア・スマトラ島のサトイモの花序ナベクラザゼンソウの花序

 

 

ナベクラザゼンソウの花序(左)と
インドネシア・スマトラ島のサトイモの花序(右)

4.話題提供者

環境保全研究所自然環境部
高野宏平

5.定員

20名(参加費無料)

6.参加申込※事前申込みが必要です

(1)受付期間

11月24日(水)から12月8日(水)17時まで(先着順・定員に達し次第、受付終了)

(2)申込方法

その他

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、中止若しくは延期又はオンライン開催とする場合があります。
その際は、当所ホームページに掲載するとともに、申込みいただいた方へ連絡します。

サイエンスカフェとは

  • 街中のカフェなどくつろいだ雰囲気で科学について語り合う場です。
  • イギリスとフランスではじまり、科学と文化をつなぐ試みとして世界各地で行われています。

このイベントは、信州環境カレッジの地域講座にも登録されています。

内容に関する問い合わせ先

長野県環境保全研究所自然環境部

TEL:026-239-1031

 

関連資料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境保全研究所

担当者名:(次長)渡辺昭生(担当)栗林正俊

電話番号:026-239-1031

ファックス番号:026-239-2929

所属課室:環境部環境政策課

担当者名:(課長)真関隆(担当)戸谷亮太

電話番号:026-235-7171

ファックス番号:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?