ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)1月プレスリリース資料 > FSPS佐久市八風太陽光発電所事業に係る方法書について、知事の意見を通知しました

ここから本文です。

更新日:2021年1月28日

FSPS佐久市八風太陽光発電所事業に係る方法書について、知事の意見を通知しました

長野県(環境部)プレスリリース 令和3年(2021年)1月28日  

 FSPS 佐久市八風太陽光発電所事業(旧名称:長野県佐久市そら発電所(仮称)事業)に係る環境影響評価方法書(再実施)(以下「方法書」という。)について、長野県環境影響評価条例第11条第1項の規定により、令和3年1月28日付けで、知事の意見を事業者に通知しました。

1事業の概要

事業者

合同会社FSPS八風
代表社員 一般社団法人長野地域エナジー 職務執行者 髙山知也

事業の種類・規模 電気工作物の建設(太陽光発電所の設置)・敷地面積約58ha
対象事業実施区域 佐久市香坂字下岩合390 ほか

2 知事の意見  

 別紙(PDF:231KB)のとおり

 ※方法書については、長野県公式ホームページからご覧いただけます。

 ■トップページ>暮らし・環境>環境保全>環境影響評価>長野県環境影響評価制度>長野県における環境影響評価対象事業の手続状況

http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/kurashi/kankyo/ekyohyoka/hyoka/tetsuzukichu/index.html

 

【参考】 

方法書について

 事業による環境への影響について、どのような点に着目して環境影響評価を行うかについて事業者の考えを明らかにし、県、市町村、住民から環境保全の見地からの意見を聴くために作成した文書です。 

知事の意見について 

 事業者による環境影響評価が適切に行われるよう、方法書に対する長野県環境影響評価技術委員会の意見や、市町村、住民からの意見を考慮して述べる環境保全の見地からの知事の意見です。
 事業者は知事の意見を受けて方法書の内容を再検討し、調査、予測及び評価を行います。

 

関連資料

プレスリリース資料(PDF:888KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部環境政策課

担当者名:(課長)真関隆(担当)坂戸麻美

電話番号:026-235-7163

ファックス番号:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?