ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)9月プレスリリース資料 > 「気候非常事態宣言-2050ゼロカーボンへの決意-」に県内全ての市町村から御賛同をいただきました

ここから本文です。

更新日:2020年9月8日

「気候非常事態宣言-2050ゼロカーボンへの決意-」に県内全ての市町村から御賛同をいただきました

長野県(環境部)プレスリリース 令和2年(2020年)9月8日

 昨年11月県議会定例会での「気候非常事態に関する決議」を受け、阿部知事が12月6日に都道府県として初めて行った「気候非常事態宣言」に対し、県内全ての市町村から御賛同をいただきました。

1 経 過

 本県は、昨年12月6日に都道府県として初めて「気候非常事態宣言」を行い、合わせて2050年には二酸化炭素排出量を実質ゼロ(ゼロカーボン)にする決意を表明。

 気候変動対策を進めていく上では、市町村の御理解・御協力が不可欠であるため、長野県市長会、長野県町村会とともに、県内市町村へ本宣言への賛同を依頼。

 令和2年9月8日(火曜日)までに、県内77全ての市町村が賛同。

 

 ○長野県公式ホームページリンク

   https://www.pref.nagano.lg.jp/ontai/climateemergency.html

 

2 今後の取組

 徹底的な省エネルギーと再生可能エネルギーの普及拡大、さらにはエネルギー自立分散型で災害に強い地域づくりなど、市町村と連携・協働し、県民、事業者を含め県民一丸となって取組を推進していく。

 

3 参 考

  国への提言

 ・全国知事会ゼロカーボン社会構築推進プロジェクトチームリーダーとして、阿部知事が小泉環境大臣へ以下を緊急提言(8/24)

  ➤ 国自ら「2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロ」を表明すること

  ➤ 次期エネルギー基本計画では「2030年に再生可能エネルギー発電比率40%超」といった意欲的な導入目標を設定すること

 ・今後、上記プロジェクトチームとして、来年度の予算編成に向けた提言をとりまとめ、9月下旬を目途に環境省ほか関係省庁への要望活動を予定

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部環境政策課

担当者名:(課長)真関隆 (担当)木村仁

電話番号:026-235-7169

ファックス番号:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?