ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 地球温暖化により、北アルプスの降雪量が極端化することが分かりました(環境部環境保全研究所)

ここから本文です。

更新日:2020年3月12日

地球温暖化により、北アルプスの降雪量が極端化することが分かりました

長野県(環境部)プレスリリース令和2年(2020年)3月12日

気象研究所、東北大学、海洋研究開発機構、気象業務支援センター、長野県環境保全研究所の研究グループは、1kmメッシュの高解像度気候シミュレーションを行い、地球温暖化により今世紀末の北アルプスの冬の降雪量が極端化する(雪が多く降る年はより多く、あまり降らない年はより少なくなる)ことを示しました。本成果は3月11日付で日本地球惑星科学連合の国際誌「Progress in Earth and Planetary Science」に掲載されます。

研究の概要

高解像度(1kmメッシュ)の気候変動予測シミュレーションにより、地球温暖化が北アルプスの雪に及ぼす影響を検討しました。

今世紀末の北アルプスでは、雪が多い年の冬季には、現在以上の大雪が降る一方、雪が少ない年の降雪は現在と比べて大幅に減少する可能性があることが分かりました。

地球温暖化が進行すると、北アルプスの降雪は現在よりも極端化することが示唆されます。

glaph1

※グラフは左が多雪年、右が少雪年を示しています。

※水換算:降雪量を水換算の量(mm)として示しています。

※詳細は、別紙(共同プレスリリース資料)をご覧ください。

その他

SICAT1

本研究は文部科学省「気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)」及び「統合的気候モデル高度化研究プログラム」の一般財団法人気象業務支援センターを主管機関とする領域テーマ C「統合的気候変動予測」課題(研究代表:高薮 出)の支援を受けて実施されました。

内容に関する問い合わせ先

長野県環境保全研究所自然環境部

TEL:026-239-1031

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境保全研究所

担当者名:(次長)関澤実(担当)浜田崇

電話番号:026-239-1031

ファックス番号:026-239-2929

所属課室:環境部環境政策課

担当者名:(課長)中村宏平(担当)神山涼一

電話番号:026-235-7169

ファックス番号:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?