ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > ~つながり人口を活用して宿泊業の事業承継を考える~丸の内朝大学で「旅館を継ごうクラス」を開設します!

ここから本文です。

更新日:2019年8月30日

~つながり人口を活用して宿泊業の事業承継を考える~
 丸の内朝大学で「旅館を継ごうクラス」を開設します!

長野県(観光部)プレスリリース 令和元年(2019年)8月30日

県では、丸の内朝大学と連携して首都圏のビジネスパーソンを対象に、長野県の旅館を事業承継したいという意欲ある方の発掘・養成を行います。この講座では、各方面で実績のある講師から旅館経営や事業承継の仕組みを学びつつ、フィールドワークでは県内温泉地も訪れます。

 日時

 10月14日(金曜日)から11月15日(金曜日)までの毎週金曜日 朝7時15分~8時15分(全8回)
 (フィールドワークは10月19日(土曜日)~20日(日曜日)に実施。場所:山ノ内町湯田中温泉)

会場

 東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階 「3×3Lab Future」サロン

講師

(五十音順)
 井門 隆夫氏 高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授
 岡 嘉紀氏  (株)WAKUWAKUやまのうち 代表取締役社長
 斎藤 宗治氏 (株)斎藤ホテル代表取締役社長
   中尾 大介氏 (株)WAKUWAKUやまのうち監査役
 和田 寛氏 白馬観光開発(株)代表取締役 

募集人数

  25名

学費

  33,350円(税込)

申込方法

 以下の丸の内朝大学サイトより申し込みください。(9月4日(水曜日)12時30分より申込開始)
  https://asadaigaku.jp/classes/7

申込期限

  令和元年10月2日(水曜日)午前0時

運営主体

  長野県及び(株)サンプラックス

丸の内朝大学について 

 東京大手町・丸の内・有楽町エリアをキャンパスとし、朝7時台から開講する市民大学として2009年にスタート。延べ20,000人以上のビジネスパーソンの朝をデザインし、社会課題の解決を目指した自主的なソーシャルプロジェクトへと発展してきた。日本中の多くの地域と交流しながら、豊かに暮らすきっかけの場を提供している。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:観光部観光誘客課

担当者名:(課長)大槻 覚  (担当)湯本 茂樹

電話番号:026-235-7253

ファックス番号:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?