ホーム > 仕事・産業・観光 > 観光 > 統計(観光) > 平成30年度学習旅行実態調査

ここから本文です。

更新日:2019年4月18日

平成30年度学習旅行実態調査及び平成30年度スポーツ合宿等受入実態調査

【宿泊施設関係者のみなさまへ】

平成30年度学習旅行実態調査及び平成30年度スポーツ合宿等受入実態調査のご協力のお願い

長野県における学習旅行及びスポーツ合宿等の誘致推進の基礎資料とするため調査を実施します。ご多忙のところ恐縮ですが、調査へのご協力をお願いいたします。

【調査票】

平成30年度学習旅行実態調査及び平成30年度スポーツ合宿等受入実態調査の調査票(エクセル:51KB)

 

調査票の記入について

小学校(様式1)、中学校(様式2)、高等学校(様式3)を調査対象といたします。様式4は大学生(短大生、専門学校生含む)、社会人及び地域のクラブ活動グループが実施する「合宿」のみが対象です。いずれも、国内外、県内外を問いません。学校・団体が特定できる学習旅行・林間学校・合宿・特別授業などを対象とします。

 

〇「延べ宿泊生徒(児童)数」の計算:延べ宿泊生徒(児童)数=受け入れ生徒(児童)実数(A)×宿泊数(B)

 ※「延べ宿泊生徒(児童)数」が日によって変わる場合には、上記計算式によらず実際の人数を記入してください。

   また、その場合の「受け入れ生徒(児童)実数」についても、実際に把握している人数を記入してください。

 

「学習旅行の種類」欄については、該当欄1箇所のみに「○」を記入してください。

 

【「学習旅行の種類」分類表】

分類 メニュー例
修学旅行 修学旅行、研修旅行など(主に小6、中3、高2時)
体験旅行 林間学校、体験教室、移動教室など
合宿 スポーツ、音楽、勉強など
その他 オリエンテーション、卒業旅行など

 

〇「学習旅行の主な目的」欄については、該当する欄すべてを記入してください。

「スキー」と「体験・見学」が目的の場合は「○」を、「その他スポーツ」と「その他」が目的の場合は、「合宿種目区分」表を参照して番号またはアルファベットを記入してください。

複数の種目があり欄に記入できない場合は調査票(様式1~4)の備考欄に記入していただくか、種目別で人数がわかる場合には行を分けて記入してください。

【「学習旅行の主な目的」分類表】(複数回答可)

分類 メニュー例
スキー ゲレンデスキー、スノーボード、歩くスキーなど
その他スポーツ 上記スキー以外のスポーツ(「合宿種目区分」の〔スポーツ系合宿〕から選択)
体験・見学

文化財等の見学、神社仏閣等の拝観、登山、トレッキング、農林漁業関連の体験、

食品づくり関連体験など

その他

上記以外のすべてのメニュー(「合宿種目区分」の〔文化系合宿〕から選択)

 

【「学習旅行の主な目的」分類表】(複数回答可)

スポーツ系合宿

1.アイスホッケー

2.アーチェリー

3.空手

4.弓道

5.剣道

6.サッカー・フットサル

7.柔道

8.水泳

9.スケート・フィギアスケート

10.体操・新体操

11.卓球

12.ダンス

13.テニス

14.バスケットボール

15.バドミントン

16.バレーボール

17.ハンドボール

18.マラソン

20.野球・ソフトボール

21.ラグビー・アメリカンフットボール

22.ラクロス

23.陸上

24.その他→具体的にスポーツ名を備考欄に記入ください。

文化系合宿

A.音楽・演劇(ステージを活用するもの)

B.学習力強化

C.美術・陶芸

D.文学・書道

E.その他→具体的な内容を備考欄に記入してください。

 

調査票の提出先について

各市町村観光担当課あてご提出をお願いいたします。

調査結果の公表について

・取りまとめの上、公表する予定です。ただし、宿泊施設名は非公表とします。

お問い合わせ

観光部山岳高原観光課

電話番号:026-235-7247

ファックス:026-235-7257

観光部観光誘客課

電話番号:026-235-7253

ファックス:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?