ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 長野県山岳総合センター創立五十周年記念事業を実施します(観光部山岳高原観光課)

ここから本文です。

更新日:2019年10月23日

長野県山岳総合センター創立五十周年記念講演会を実施します

長野県(観光部)プレスリリース令和元年(2019年)10月23日

長野県山岳総合センターは、皆さまに支えられて、昭和44年5月の開設より本年で創立50周年を迎えました。つきましては、これを記念し、講演会を実施します。
入場無料、申込み不要でどなたでもご参加いただけますので、ぜひご来場ください。

1 日時

令和元年11月9日(土曜日) 9時から12時40分(受付 8時30分~)

2 場所

 サン・アルプス大町2階 大会議室
 住所:大町市大町1601-2 大町市大町文化会館併設 電話:0261-22-9988

3 主催

長野県
長野県山岳総合センター

4 内容

  1. 記念式典(9時00分~)
  2. 記念講演(9時40分~)
    • 登山者の過去・現在・未来~都市化した心身を自然の中でどう扱うのか~
      【演者】山本 正嘉 氏(鹿屋体育大学教授・スポーツトレーニング教育研究センター長)
      神奈川県横須賀市生まれ。東京大学大学院修了。博士(教育学)。30年以上にわたり、スポーツ選手の競技力の向上や、一般人の健康増進を図るための研究と教育を続けてきた。2001年には、登山の運動生理学とトレーニング学に関する研究と啓発活動に対して秩父宮記念山岳賞を受賞。著作「登山の運動生理学百科」など。
    • 北アルプスの過去・現在・未来~山岳の誕生から消滅まで~
      【演者】原山 智 氏(信州大学理学部名誉教授・特任教授)
      長野県岡谷市生まれ。東京教育大学卒業、京都大学大学院修了。理学博士。通産省工業技術院地質調査所(当時)を経て、1997年から信州大学理学部へ。研究テーマは、原(フィールド)と山(北アルプス)。北アルプスの成り立ちなど、断層やマグマ活動による山脈形成過程の研究を行なってきた。主著「『槍・穂高』名峰誕生のミステリー」など。
長野県山岳総合センターは、安全な登山や山岳における野外活動の普及等を目的に、昭和44年5月に大町市に設置されました。以来50年にわたり、県内唯一の山岳専門の教育機関として、学校登山や一般の登山者等を対象とした研修講座を開設しています。令和元年度は、登山の基礎知識・リスク等を学ぶ座学講習や実技等を実施しています(全47講座予定)。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:観光部山岳高原観光課

担当者名:(課長)塩原一正 (担当)真瀬垣まり子

電話番号:026-235-7251

ファックス番号:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?