ホーム > 上伊那農業改良普及センター > 管内情報 > 宮田村学校給食を育てる会関係者の研修会・情報交換会が開催されました

ここから本文です。

更新日:2019年12月4日

上伊那農業改良普及センター

宮田村学校給食を育てる会関係者の研修会・情報交換会が開催されました

宮田村では、11月22日(金曜日)に、村内1中学校1小学校3保育園に給食食材を提供している「宮田村学校給食を育てる会」と栄養教諭や調理員など給食関係者による、年に一度の研修会・情報交換会が開催されました。

地産地消の学校給食を提供する取り組みは、平成16年に地域の新鮮で安心安全なおいしい農産物で子どもたちを育てたいという農家のお母さんと栄養教諭の熱い思いが発端で始まり、今では年間50品目以上、自給品目率60%以上という、県下でも稀にみる地産地消給食を維持しています。

毎日1200食以上の食材を春夏秋冬欠かさないことは大変なことですが、事務局をしている加工集団「食ごころ」とJA直売所の協力を得て16年間続けてきました。

この日は、年に一度の全体会。活動をさらに維持発展させるため、普及センター寺戸担当係長(野菜担当)による「野菜のおいしさの秘密と品種あれこれ」の講話と試食がありました。続く情報交換会では、給食関係者からずーっと供給を続けてほしいとの熱望に「痛い腰を伸ばして、子どもたちのためにもうひと頑張りする」と奮起する生産者もおり、子どもたちのためにお互い頑張ろうとの思いを新たにしました。

 

写真1-研修会・情報交換会の様子

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那農業改良普及センター 

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6842

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?