ホーム > 上伊那農業改良普及センター > 管内情報 > 駒ケ根市でごまの栽培反省会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2020年1月8日

上伊那農業改良普及センター

駒ケ根市でごまの栽培反省会を開催しました

12月11日(水曜日)に駒ケ根市でゴマ栽培反省会を開催しました。

今年度の栽培面積は7ha、反収53.1kg/10a、出荷量は3.76tと、生産状況やプロジェクトチームでの試験栽培の結果について報告を行いました。試験栽培等の結果から、栽培指針の見直しを行い、次年度の栽培から新しい指針での栽培を進めることになりました。栽培ピッチを現行27cmから16cmに変更し、同じ面積でも収量を確保していこうという狙いもあります。しかし、除草作業の手間が増えるのではと、生産者からからの意見が出たため、栽培ピッチについては生産者に任せることにしました。

年々栽培者が減少していく中で、いかに生産量を確保していくかが今後の課題であり、来年度の栽培から駒ケ根市を中心に伊南地区での栽培から上伊那全域で栽培者を募り栽培していくことになりました。

 

写真1-反省会の様子

 

 

写真2-新しい栽培指針

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那農業改良普及センター 

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6842

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?