ホーム > 上伊那農業改良普及センター > 管内情報 > 宮田村の特産ワイン「紫輝」の仕込み式が行われました

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

上伊那農業改良普及センター

宮田村の特産ワイン「紫輝」の仕込み式が行われました

宮田村の特産ワイン「紫輝」の仕込み式が10月5日、村内にある本坊酒造の「マルス信州蒸溜所」で行われました。
普及センターでは山ぶどう生産組合の方々と共に着粒状況の確認等を行い、栽培の指導をおこなっていますが、今年も病害虫もなく、立派なぶどうが生産されました。
仕込み式では、村や県、JA、商工団体、山ぶどう生産組合といった関係者が集まり、破砕器にブドウを投入しました。
本年は21.7tのヤマソービニオンが収穫される予定で、21tを使い「紫輝」が生産される予定です。
今年も12月の「ワインまつり」が「紫輝」の解禁日となります。

 

yamaso001

写真1-破砕機へぶどうを投入する様子

yamaso02

写真2-収穫直前のヤマソービニオン

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那農業改良普及センター 

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6842

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?