ホーム > 上伊那農業改良普及センター > 管内情報 > 宮田村ワインセミナー栽培体験が行われました

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

上伊那農業改良普及センター

宮田村ワインセミナー栽培体験が行われました

宮田村公民館のワインセミナーで、ヤマソービニオンの栽培体験が行われ、上伊那農業改良普及センターは講師として参加させて頂きました。
ワインセミナーは宮田村のワイン文化の普及と発展を目的に、平成20年から実施されているセミナーです。セミナーは2年制の講座で、今年は1年目のベーシックコースが25名、2年目のステップアップコースが9名と多くの方が受講してくれています。
今回は、村の特産ワインである「紫輝」の原料であるヤマソービニオンが、どのように栽培されているのかについて学ぶために、実際に「わき芽かき・巻きひげとり・誘引」といった作業を体験してもらいました。
参加者は農業の経験がない方が多かったのですが、汗を流しながら、真剣に取り組んでおり、セミナー終了後も残って作業を行う方が出るほどでした。
来月も栽培体験が予定されており、多くの方にヤマソービニオンの栽培について学んでいただきたいと考えています。

wainsemina02

写真1-ヤマソービニオンの栽培について説明する様子

wainsemina01

写真2-栽培作業体験の様子

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那農業改良普及センター 

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6841

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?