ホーム > 上伊那農業改良普及センター > 管内情報 > なし「サザンスイート」適期収穫研修会が開催されました。

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

上伊那農業改良普及センター

なし「サザンスイート」適期収穫研修会が開催されました

上伊那農業生産振興協議会(うまいくだもの推進部会上伊那地方部)では、8月7日(火曜日)に、講師として南信農業試験場の鈴木主任研究員、農業技術課の徳永副主任専門技術員を招き、なし「サザンスイート」適期収穫研修会を開催しました。

上伊那管内では、「サザンスイート」の早期産地化を目指し、高接ぎ更新実証圃場を設置しており、平成27年から果実生産が本格化しています。そこで、なし「サザンスイート」の産地全体の品質向上を図ろうと果実の状況確認、適期収穫の技術習得を目的とした研修会を開催しました。

鈴木主任研究員からは、「サザンスイート」の収穫適期の判断として、満開後120日前後の、さび発生が見られないていあ部の果皮色を「サザンスイート」用カラーチャートで、比色し判定するよう指導がありました。また、赤道表面の感触から、果点のざらつきが収穫期になってくると感じにくくなるとのことで、参加者全員が、南信農業試験場で収穫された適期収穫果実と未熟果の感触を体感しました。

参加者からは、有てい果におけるカラーチャートの見方の質問がありましたが、有てい果のていあ部は、段差の部分が通常の果比色の進みと異なるため、それ以外の部分で比色することがポイントであると説明がありました。

普及センターでは、良果形の比率を向上させることを目的に、果形調査を実施しており、まとめたデータを、次年度以降に役立てていきたいと考えています。

上伊那農業生産振興協議会では、今後も関係機関と連携し、宣伝会やせん定研修会を開催する予定です。

 

sazan

写真1-参加者が「サザンスイート」の果面の感触を確認している様子

 

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那農業改良普及センター 

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6842

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?