ホーム > 上伊那農業改良普及センター > 管内情報 > 環境にやさしい農業技術を検討しました

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

上伊那農業改良普及センター

環境に優しい農業技術を検討しました。

平成30年10月19日(金曜日)に飯島町で環境にやさしい農業技術現地実証事業(そば)の現地検討会を行いました。
飯島町でのそばの実証試験は今年で3年目になりました。今年度は、混合堆肥複合肥料を使用し、散布時の作業性向上と収量維持を目的とした実証試験を行いました。19日は収穫直前の圃場を観察しながら、そばの生育状況や試験肥料散布の作業性について検討しました。これまでの有機質資材は施用量が多く、散布時の労力も大きいという課題がありましたが、複合肥料は化学肥料と同程度の労力で散布できました。今後、収量やコストの面等を考慮し、実用性を検討します。
実証事業は、県内各地域、様々な品目で取り組まれています。取り組まれた実証試験について、12月に長野県総合教育センター(塩尻市)で成績検討会を行う予定です。興味、関心のある方は普及センターまでお問い合わせください。

jissyoho01

写真1-生育状況について確認する様子(1)

jissyoho02

写真2-生育状況について確認する様子(2)

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那農業改良普及センター 

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6842

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?