ホーム > 上伊那農業改良普及センター > 管内情報 > アスパラガス新規栽培者研修会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

上伊那農業改良普及センター

アスパラガス新規栽培者研修会を開催しました

7月24日(火曜日)に上伊那地域のアスパラ新規栽培者を対象に、早期の経営安定に向けた栽培技術向上のため、病害虫防除及び農薬散布方法についての研修会を開催しました。

研修会では、以下の3つの点に関して講義及び実習を行いました。

まず、アスパラガスの主要病害である、茎枯病、斑点病、立枯病(症)の発生について写真を用いて説明し、圃場での初期発生を見逃さないように指導を行うと共に、スリップス類、ハダニ類等の栽培時に気を付けなければならない害虫について、普及センターと農協で作成した専用の虫見板を用いて、疑葉にいる害虫を振るい落し確認する方法を指導しました。

次に、農薬散布方法をまとめた動画を用いて、効果的に農薬散布について、映像で確認してもらいました。効果的な農薬散布のためには、散布竿をゆっくり下上に移動させ、薬液が葉裏にしっかりかかるようにし、竿を振る間隔を狭めることで、散布ムラを減らすことが出来ます。

最後に、アスパラガス圃場で実際に農薬散布のデモを参加者に行ってもらいました。圃場には事前に、水滴が付着すると変色し、付着状態がわかる特殊な紙でできた感水紙をアスパラガスの擬葉の各高さ及びハウスの通路と奥、外側に設置し、散布状況を確認できるようにしました。3名の参加者にハウス内からのみの散布を行ってもらい、圃場に設置された感水紙を確認し、薬がかかりにくい箇所を確認し、また、ベテラン農家の散布との違いを感水紙で比較し、散布方法と散布ムラの発生について確認してもらいました。

今回の研修では新規就農者が不安に思っている防除について取り上げ、実践もしてもらったことで、参加者からは参考になったとの好評を頂きました。今後とも、ベテラン農家の技を新規就農者へつなげることが出来るよう指導を行い、栽培管理の改善による技術向上のための活動を進める予定です。

 

asupara2

写真1-効果的に農薬散布方法の動画市長の様子

 

asuapara1

写真2-散布ムラを感水紙で確認する様子

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那農業改良普及センター 

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6842

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?