ホーム > 上伊那農業農村支援センター技術経営普及課 > 管内情報 > 高遠在来とうがらしフォーラムが開催されました。

ここから本文です。

更新日:2021年11月9日

高遠在来とうがらしフォーラムが開催されました。

10月30日(土曜日)に、高遠在来とうがらし保存会による「高遠在来とうがらしフォーラム」が開催されました。

 

このフォーラムは、令和2年度に高遠地域の在来とうがらしである「高遠てんとうなんばん」と「芝平(しびら)なんばん」の2品種が、信州の伝統野菜に選定されたことを受け、その魅力を広く発信するためのキックオフイベントとして実施されました。

 

フォーラムには信州大学農学部 松島 憲一 准教授(信州伝統野菜認定委員)、料理研究家で県の「おいしい信州ふーど」公使にも任命されている 横山 タカ子 先生、そして(株)八幡屋礒五郎の室賀 栄助 代表取締役が出席され、それぞれの立場から高遠在来とうがらしの魅力についてお話しいただきました。

 

また、フォーラム会場内にて高遠在来とうがらし関連商品の販売会も行われました。生の芝平なんばんの他、保存会会員が作った唐辛子味噌、地元の長谷中学校の生徒たちが開発に関わったラー油、そして八幡屋礒五郎とのコラボで実現した「高遠とうがらし七味」などが販売され、盛況のうちに閉会を迎えました。

講義の様子(横山先生)

写真1:講演の様子(横山タカ子先生)

販売会の様子

写真2:販売会の様子

高遠とうがらし七味

写真3:高遠とうがらし七味

お問い合わせ

所属課室:上伊那地域振興局上伊那農業農村支援センター

電話番号:0265-76-6842

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?