ホーム > 上伊那農業農村支援センター技術経営普及課 > 管内情報 > ぶどう園への獣害対策電気柵の設置は効果大!

ここから本文です。

更新日:2021年12月24日

ぶどう園への獣害対策電気柵の設置は効果大!

 上伊那地域野生鳥獣被害対策チームでは、令和3年度の活動として、箕輪町中箕輪のぶどう園にハクビシン対策としての電気柵の実証展示ほを設置し、その効果を検証しました。

 今回設置した箕輪町のぶどう園では、毎年ハクビシン等による果実の食害に頭を悩ませており、被害が多い年では収量が50%程度に落ち込むなど深刻な問題となっていました。園主の話では、「これまでいろいろと対策を講じてみたが、どれも効果は不十分だった」とのことでした。

 

 そこで、果実肥大期の7月中旬に、対策チームで所有している中型獣用の電気柵をほ場全体を囲むように設置したところ(写真1)、以降の園内へのハクビシン等の侵入を防止し、被害をゼロに抑えることができました。

 収穫終了後、園主に感想を聞いたところ、「電気柵の効果に驚いている。今まで何を試しても駄目だったが、こんなに効果があるなら来年からは自費で一式購入し設置したい」とおっしゃっていました。

ぶどう園に設置した電気柵

写真1:ぶどう園に設置した電気柵

 

 また、電気柵の設置に合わせて、管内のぶどう生産者、JA上伊那、市町村、資材メーカーなど関係者を集めて資材の説明や設置方法の講習など現地検討会を行いました(写真2)。他のぶどう生産者も同様の獣害に悩んでおり効果的な対策を求めていたため、質問や見積もり依頼が多数挙がるなど関心が高く、技術の普及に向けて有意義な検討会となりました。

現地検討会の様子

写真2:現地検討会の様子

お問い合わせ

所属課室:上伊那地域振興局上伊那農業農村支援センター

電話番号:0265-76-7020

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?