ホーム > 上伊那農業農村支援センター技術経営普及課 > 管内情報 > 令和2年度水稲高密度播種育苗専用肥料試験の成績検討会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年2月4日

上伊那地域振興局

令和2年度水稲高密度播種育苗専用肥料試験の成績検討会を開催しました。

1月29日(金曜日)、JA上伊那春富支所を会場に、今年度取り組んだ水稲高密度播種育苗専用肥料試験の成績検討会を開催しました。水稲の低コスト省力技術である高密度播種育苗は慣行の中苗より田植え後の生育が若干遅れるため、慣行の一発肥料では稲の生育に対して窒素が早めに吸収され倒伏を誘発することが指摘されていました。試験肥料は、前半の窒素の溶出がやや遅くなるように設計され、節間伸長を抑制し倒伏を軽減する効果が期待できます。

昨年は田植え後、異常高温で経過したことにより、想定より窒素の溶出が早まりましたが、慣行の中苗用肥料より溶出が遅くなることが確認できました。次年度、再度現地で試験をして実用化に向けて検討することとなりました。

高密度播種育苗専用肥料成績検討会の様子

写真-水稲高密度播種育苗専用肥料試験の成績検討会の様子

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那地域振興局上伊那農業農村支援センター

伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6812

ファックス番号:0265-78-9349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?