ホーム > 上伊那地域振興局 > 地域発 元気づくり支援金 > 上伊那地域 「地域発 元気づくり支援金」について > 平成28年度「地域発元気づくり支援金」事業を紹介します

ここから本文です。

更新日:2019年1月29日

上伊那地域振興局

平成28年度「地域発 元気づくり支援金」事業を紹介します


平成28年度「地域発 元気づくり支援金」事業実施結果(50団体60事業)

平成28年度に「地域発 元気づくり支援金」を活用して実施した事業について紹介いたします。
事業名をクリックしていただくと、実施団体から提出された事業総括書(事業内容・事業効果など)をご覧いただけます。(PDF形式)

番号

事業名

団体名

事業内容

事業費

(円)

 

うち支援金額

(円)

 講評

1 地域協働の推進
1  

イーナちゃんで地域活性化!プロジェクト(PDF:178KB)

伊那市 伊那市で育った若者の県内外への流出が続く中、地元住民が地元に愛着を持ち、人口減少に歯止めをかけるとともに市民一丸となった活気ある地域づくりを推進する。

993,600

496,000

伊那まつりなどの市関連イベントに着ぐるみを活用するなど、地域産業の活性化を図るとともに、地元の保育園や小学校へ着ぐるみで訪れ、子どもが伊那市のキャラクターに親しむことで、地域愛の醸成に寄与した。  
2  

「赤と白のメロディー マップラリー」(PDF:178KB)

 

飯島町

町と店舗が協働して事業を実施し、町おこしに対する気運の醸成と町内の様々な店舗の認知度を向上させるため、飯島町を題材とした小説「赤と白のメロディー」のイベントを開催する。

739,593

554,000

小説「赤と白のメロディー」に登場した地として町内の18店舗・施設をチェックポイントとしたマップラリーを実施し、町おこしに対する気運の醸成と町内の様々な店舗の認知度向上に寄与した。
3  

「協働のむらづくり」推進事業(PDF:458KB)

 

宮田村

「宮田村むらづくり基本条例」を契機に村民・議会・行政の3者協働によるむらづくりを推進するため、子どもにも内容を理解して関心を持ってもらうためのマンガ解説本を作成する。

648,000

486,000

「宮田村むらづくり基本条例」について学び、理解を深めるために子どもにもわかりやすいマンガ解説本を用いたことで、ふるさとへの愛着や住民意識の向上を図った。
4  

「憑の里へ来てちょ~だい!」地域活性化事業(PDF:208KB)

 

両小野地区振興会(辰野町)

平成29年の「小野御柱祭」を機会とした観光PRにより誘客数の増加を図るとともに、地域の魅力の更なる発信をし、移住定住の促進を図る。

755,817

566,000

住民が観光ポスターの選考に加わるなど、地域住民が一体となって「小野御柱祭」を機会とした地域のPRや、地域活性化に寄与した。 
 5

「コミュニティデザイン」から考える「まちの幸福論」(PDF:186KB)

一般社団法人 TUG BOAT(辰野町)

地域の課題解決やチャレンジを応援するため、所属や立場の異なる関係者が対話を行うための手法(フューチャーセッション)を活用した「自立する地域の場」づくりを行う。

1,209,410

887,000

地域住民や地域団体、行政が連携して地域の課題解決について話し合う「フューチャーセッション」を活用し、今後のまちづくりに向けた課題意識の共有化に寄与した。

 6  

こすもまちづくり推進事業(PDF:187KB)

 

越百づくり会議(飯島町)

廃屋となった町の中心部にある商業施設と膨大な敷地をにぎわいのある地によみがえらせ、魅力ある街づくりを進めるため、イベント等を開催する。  

514,724

 

366,000

閉鎖された大型商業施設を活用して官民一体となって「こすも市」を定期的に開催することで、街なかに賑わいの創出と地域住民の交流を図るなど、地域活性化に寄与した。
 7

自助・共助による除雪体制の構築事業(PDF:255KB)

南箕輪村まっくん除雪隊協議会(南箕輪村)

「まっくん除雪隊」をリーダーとした、住民参加と相互協力による除雪体制を推進するとともに、高齢者世帯への見守り・声掛けによる地域の支え合いを進める。

2,205,900

1,470,000

南箕輪村村内全12区で組織化した「まっくん除雪隊」を中心に地域除雪に取り組み、地域防災力の強化とともに高齢者への声掛け等により、交流人口の増加に寄与した。
 8  

「ひょっとこ踊りで地域活性」(PDF:208KB)

 

信州招福まちおこし隊(飯島町)

まつりの減少や規模の縮小により、活気を失いつつある飯島町全体の活性化を図るため、地域のイベント等へ参加や町制60周年記念イベントでのひょっとこ踊り披露する。  

481,857

 

340,000

住民同士の交流が減少するなかで、飯島町の賑わいを再び生み出すために、ひょっとこ踊りを用いたイベントを新たに開催することで、地域の文化の伝承や交流人口の増加に寄与した。
2 保健、医療、福祉の充実
9  

障がい児・者の自立支援としてのパイロット事業(PDF:193KB)

 

上伊那歯科医師会(伊那市)

障がい児・者が、学校・施設卒業後も歯を良い状態に保ち一生を健康的に過ごせるよう、専門的知識を持つ歯科医が現地を訪問し、歯科受診に結びつける健診や保健指導を行う。

1,378,000

1,033,000

 ICF(国際生活機能分類)の視点から児童・生徒への歯科検診や生活機能評価などを行い、障がい児(者)の自立支援に向けた機運の醸成に寄与した。
10  

発達障がい児への運動を通した自立支援事業(PDF:192KB)

 

OKJファミリー(伊那市)

発達障がい児及び予備軍児に対し、親子体操をを通じて生活の基本を身につけさせ、将来の自立につなげるため、親子対応教室や勉強会を実施する。

543,597

321,000

親子体操教室を通じ、発達障がい児へ生活の基本を定着させるとともに、ダンス交流会やクリスマス会を契機に、親子の絆をより強いものとし、保護者同士の交流促進に寄与した。
11  

「高遠物語」のビデオ製作、及び上映(PDF:183KB)

 

伊那ビデオクラブ(伊那市)

合併10周年を迎える伊那市の中で歴史と文化の宝庫としての役割を果たしている高遠町にスポットをあて、伊那市の誇りを再認識するため、高遠の歴史や文化等を紹介するビデオを制作し、上映会等を開催する。

443,994

332,000

 高遠の歴史や文化を後世に映像として残すことで、文化・歴史の継承や地域への定着に寄与するとともに、上映会を通じ、地域住民の交流促進を図った。
 12

お餅で地域をひとまとめ!地域戦隊もちレンジャー(PDF:232KB)

地域戦隊もちレンジャー(箕輪町)

地域戦隊もちレンジャーの活動を通じ、地域社会を支える活力を生み出し、人の輪の拡大を図るため、町内外のイベントでの餅つきパフォーマンスや餅を使用した特産品の開発を実施する。

633,860

449,000

地域の活力を創出するために、どの世代にも受け入れられやすい餅つきと戦隊ヒーローを掛け合わせることで、観光資源の魅力発信や地域の活性化に寄与した。
 13

天竜健康ウォーク(PDF:199KB)

天竜健康ウォーク実行委員会(箕輪町)

 天竜川の豪雨災害から10年の節目を迎え、天竜川を後世まで大切に守り続ける住民意識を育てるとともに健康づくりの場として活用することにより、環境保全や地域の愛着の心を育てると同時に健康増進を図るため、天竜健康ウォークを開催する。

1,213,390

534,000

天竜健康ウォークを通じ、自然遺産である天竜川に親しみ、健康増進の機会とするとともに、災害防止や減災に対する啓発に寄与した。
3 教育、文化の振興
14  

なわとびを通じた地域活性化事業(PDF:177KB)

箕輪町 

 

 なわとびを用いた町の新たなスポーツ振興として、小中学生中心にダブルダッチの普及により、小中学生の体力向上やコミュニティの広がりを図るため、なわとび大会や普及イベントを開催する。

647,912

447,000

若者に人気のあるダブルダッチを活用することで小中学生の体力向上を図るとともに、普及イベントを通じ、地域の交流促進に寄与した。
15  

運動あそびin南箕輪(PDF:180KB)

 

南箕輪村

 

 運動あそびを通じた子どもの運動能力及び体力向上の支援を図るとともに、運動あそびを実施している市町村とのネットワークを作り、運動あそびの充実を図るため、フォーラムを開催する。

820,450

656,000

親子参加型の運動あそびを実施することで、親子の絆の形成と子どもの運動能力及び体力の向上が図られるとともに、保健体育の重要性に対する認識を深めることに寄与した。
16  

第四回 千両千両 井月さんまつりの開催(PDF:191KB)

 

千両千両 井月さんまつり実行委員会(伊那市)

 

 伊那谷で名句を残し種田山頭火や芥川龍之介にも影響を及ぼした俳人・井月を顕彰することを通じ、俳句文化を後世に伝え文化の保存・俳句の歴史継承・地域への愛着醸成により地域活性化を図るため、千両千両 井月さんまつりを開催する。

2,005,595

1,203,000

信州伊那井月俳句大会を実施し、市内外問わず全国の小学生から高校生までの若年層から俳句の応募を求め、伊那の俳句文化の発信を図るとともに、俳句大会を通じ、地域愛の醸成に寄与した。
17  

伊那でプロ吹奏楽団を聴いて学ぼう第3楽章(PDF:169KB)

伊那楽友協会(伊那市)

 

 上伊那地域の中高生吹奏楽部のレベルの底上げを図るため、小さな子供にも楽器に興味を持つきっかけづくりを行うとともに、プロ吹奏楽団を招聘してコンサートを開催する。

1,216,630

900,000

参加者が予定よりも下回ったという課題はあるものの、技術講習会を通じた中高生の技術及び活動意欲の向上と、コンサートを通じ、地域の音楽文化の浸透に寄与した。
18  

キッズタウンいなん2016(PDF:199KB)

 

一般社団法人 駒ヶ根青年会議所(駒ヶ根市)

子供たちが地域に対する愛着を持って伊南地域に住み続けてもらい、今後の伊南地域の活性化につなげるため、伊南地域の仕事の魅力を地域の大人が子供に伝える職業体験を実施する。

1,811,699

1,213,000

地元企業と連携して小学生向け職業体験会を開催し、地元の企業や職業について学ぶ機会を設けるとともに、職業体験の対価として仮想通貨で買い物やサービスなどに使用する消費体験を得ることで、地域愛の醸成を図るとともに、キャリア教育の推進に寄与した。
19  ふるさと郷育応援事業(PDF:176KB)  

ふるさと郷育応援事業実行委員会(宮田村)

60年間の歴史や文化・自然を多くの村民へ宮田村の良さを知り、後世へ残すため、写真集やパネ等を作成し、村内外へ情報発信・PR活動を行う。

2,154,600

1,615,000

長年住民が撮りためてきた宮田村の写真を活用し、小中学生へふるさとを愛する心を育てるふるさと郷育の実施や、宮田村の長い歴史を振り返る写真展を実施することで、郷土愛の醸成に寄与した。
 20

ニュースポーツ「ふわっとテニス」で誰でも気軽に健康増進(PDF:376KB)

宮田村

10年前から村内で幅広い世代から人気があり誰でも気軽に始めることができる「ふわっとテニス」を普及させるため、初心者向けにNEWSPORTS教室を実施するとともに、村内外から参加を募り交流大会を開催する。

806,520

556,000

小学生から高齢者まで幅広く、気軽に楽しめるふわっとテニスを通じ、ニュースポーツ(伝統的に行われてきたスポーツを、変形・改良した軽スポーツ)の普及を図るとともに、健康増進に寄与した。

 21

見る・聞く・食べるー自然と親しむ事業(PDF:191KB)

辰野町

子どもたちが草花や木の実、野菜を身近な存在として捉えるきっかけを図るため、子どもと若年家庭を主たる対象に、自然モチーフを描く絵本作家の原画展と付随するイベントの開催や、小学校での読み聞かせを実施する。

552,137

414,000

身近に存在する里山に親しむ機会が少ない子どもに、野菜の絵本等を執筆している いわさゆうこ氏 の原画展等を通じ、自然への理解を深めるとともに、地域愛の醸成に寄与した。

 22

駒ヶ根発きもの文化伝承事業(PDF:194KB)

駒ヶ根発きもの文化伝承プロジェクト(駒ヶ根市)

信州の伝統工芸である「伊那紬」を通して、日本の伝統と地域資産を周知するとともに、きもの文化を後世へと継承するため、着付け教室やファッションショーを開催する。

1,083,013

541,000

着付け教室やファッションショーを開催し、信州の伝統工芸である「伊那紬」を通じ、きもの文化の継承と地域の魅力発信に寄与した。
 23

富田区ふるさと歴史文化伝承事業(PDF:173KB)

富田区(箕輪町)

小中学生、地区住民等に富田区の歴史や文化を伝承することで、地域への愛着を育むと同時に、定住及び交流人口の維持・増加を目指すため、地区内外への情報発信のツールとして冊子を発行する。

1,009,522

490,000

富田区のこれまでの活動などを歴史部会の協力を得て記録を作成し、地域の歴史・文化の継承と地域愛の醸成に寄与した。
 24  駒っこが駆けるまち事業(PDF:188KB)  

駒ケ根市

子どもたちの体力向上をめざすとともに、保護者や地域の指導者にもスポーツを通じた交流の輪を広げるため、市内の小学生・保護者・地域住民等を対象に「かけっこ教室」を開催するほか、「かけっこ検定」を策定し継続的にかけっこに親しむ仕組みづくりを行う。  

477,634

 

358,000

元オリンピック選手の 青戸慎司氏 が作成した「かけっこマニュアル」による指導を通じ、地域全体でスポーツ推進に取り組む体制の構築を図るとともに、地域やスポーツへの愛着、協働意識の醸成に寄与した。
 25  

駒ヶ岳山麓アウトドアフェスinみやだ(PDF:173KB)

 

みやだボンドプロジェクト(宮田村)

駒ヶ岳を訪れた観光客を中心に宮田村の魅力を発信するため、西山山麓エリア一帯を利用し、体験・食のおもてなし等の一体的なアウトドアフェスを実施する。  

852,649

 

539,000

宮田村の魅力を発信するため、アウトドアフェスの実施に伴い、村内の観光地の自然を活かした体験イベントを連携して実施するなど、新たな地域の魅力を創出するとともに、誘客促進に寄与した。
 26  

春の高校伊那駅伝 全国へ上伊那の魅力発信事業(PDF:190KB)

 

春の高校伊那駅伝実行委員会

春の高校伊那駅伝男子第40回の記念大会となる今回の機会を捉え、全国から訪れる選手や応援者などに上伊那地域の魅力である「二つのアルプス」などの自然環境を広くPRし、上伊那地域への交流人口を増やす。  

3,132,000

 

1,044,000

全国の高校生が参加する春の高校伊那駅伝を通じ、上伊那地域の雄大な自然環境などの魅力発信や、スポーツ文化の浸透に寄与した。
4 安全・安心な地域づくり 
27  

KYT(危険予知トレーニング)による安全力育成事業(PDF:229KB)

箕輪町 地域の安全・安心への意識の向上と協働意識の醸成を図るため、20~30代の親世代を中心にセーフコミュニティへの関心を高める子どもの安全力向上のKYTを実施する。

887,728

710,000

セーフコミュニティ認証を受けている町として、20~30代の親世代を中心に地域住民に安全・安心への意識の向上を図るため、KYTに関するテキストを作成し、安全力育成に寄与した。
28 飯田線に乗ってみよう使ってみよう推進事業(PDF:187KB) 駒ヶ根市の鉄道100年地域活性化事業実行委員会(駒ケ根市)

地域住民のJR飯田線への愛着や関心を高め、飯田線を守り、活かすための気運を醸成することで、減少傾向にある鉄道利用者の回復を図るため、各種イベントを開催する。

752,678

536,000

参加者が予定よりも下回ったという課題はあるものの、飯田線を利用しない住民をターゲットに、子どもから大人まで飯田線を利用する機会を提供し、飯田線に対する意識の向上や愛着の醸成を図るとともに、利用者の増加に寄与した。
29  

南箕輪の歴史・文化伝承よみきかせプロジェクト(PDF:217KB)

 

南箕輪村

昔から語り継がれてきた村の民話や歴史を後世に伝え、村の文化歴史をより広く多くの村民に伝えていくことで、村への理解の深化、郷土愛の醸成を目指すため、読み聞かせボランティア等と協働による「読み聞かせ会」を実施する。

1,776,600

1,332,000

古くから地元に伝わる民話などを後世に伝える 読み聞かせ会 を通じ、歴史・文化の継承と地域愛の醸成に寄与した。
5 環境保全・景観形成
30  

自然エネルギーの地域循環推進事業(PDF:246KB)

箕輪町  地域の森林資源関連団体、住民、自然エネルギーに関する研究機関と連携して、住民主導による森林資源の有効活用や自然エネルギー普及を進めるため、啓発イベントを開催する。

1,979,042

1,583,000

自然エネルギーへの啓発イベントを通じ、再生可能エネルギーへの理解を深めるとともに、未活用であった未利用間伐材や支障木、剪定枝等を木質チップや薪として活用する体制の構築を図るなど、森林資源の有効活用に関する啓発と産業振興の促進に寄与した。
31  

住民と共に進める”美しい村づくり”事業(PDF:207KB)

 

中川村

 “美しい村づくり”を一つのキーワードに、村の美しい自然環境、伝統文化などの資源・財産を大切にする活動を実施するとともに、村民が一体となるためのシンポジウムを開催する。

11,969,421

2,758,000

住民参加による“美しい村づくり”の活動を通じ、道路や水路等の修繕・改良の支援など、村内の景観を住民が一体となって保全することで、地域愛の醸成と景観形成に寄与した。
32  

「出会い ふれあい 癒しの山野草園」事業(PDF:212KB)

 

一般社団法人 駒ヶ根観光協会(駒ヶ根市)

地域協働で手入れを行っている森と水とアウトドア体験広場の山野草園を、観光だけでなく生涯学習・教育学習や地域交流の場として有効活用をするため、「山野草のしおり」を作成し、ガイドボランティアを育成する。

435,000

326,000

300種類以上の山野草が定着した山野草園を活かし、観光資源として活用するとともに、地元ボランティアを「山野草園ガイド」として養成することで、観光資源の活性化や、生涯学習の機会創出に寄与した。
33  

祇園祭の賑わいを活かし、宮田宿の再発見と交流を楽しむ事業(PDF:554KB)

 

宮田村の景観を考える会(宮田村)

宮田宿の景観や、まちなかの魅力を地域住民に認識してもらい、まちづくり及び地域振興における気運の醸成を図るため、元気な「まちなか」づくりにつなげる事業を実施する。

1,689,050

1,175,000

宮田村の歴史を今に伝える宮田宿のまちなみを多くの地域住民に伝えるために、まちなか探検ガイドツアーの実施や、福祉施設と協働で障がい者を中心としたオープンカフェの初出店、宮田宿の歴史文化の解説資料・古地図のレプリカを展示するなど、地元や企業等と協働して中心市街地の活性化に寄与した。
34  

中川村自主防災組織用防災用品購入事業(PDF:218KB)

 

中川村

 災害発生時に一時避難所を運営し、行政の支援が得られるまでの間、地域住民の避難生活を担うため、村内27地区の自主防災組織で防災用品を整備し、防災訓練を実施する。

7,410,012

5,121,000

災害時に備え、避難所の運営力の向上を目指し防災用品の整備を通じ、地域の防災意識の向上を図るとともに、住民が中心となって避難所の開設・運営をすることで、防災意識の向上に寄与した。
35  

アルプスの花畑実践活動(PDF:188KB)

 

田切地区地域づくり委員会(飯島町)

地域戦隊もちレンジャーの活動を通じ、地域社会を支える活力を生み出し、人の輪の拡大を図るため、町内外のイベントでの餅つきパフォーマンスや餅を使用した特産品の開発を実施する。

425,299

318,000

道の駅「田切の里」のPRと憩いの場としての活用を図るために、コスモスや桜の植栽を行い、秋のイベントでは1000人以上の観光客を誘客するなど、観光誘客の促進に寄与した。
6 産業振興、雇用拡大
 (1)特色ある観光地づくり
36  

国道361号 伊那・木曽・高山を結ぶ観光客誘客事業(PDF:183KB)

 

国道361号改修促進期成同盟会(伊那市)

整備が進む高山市から伊那市高遠町までの国道361号の魅力ある観光資源を伊那市、木曽町、高山市のPR映像で発信し、国内外観光客の誘客を進め広域観光ルートとして定着させ、国道の利用促進を図る。

2,635,200

2,108,000

国道361号線の改修を地域住民に周知し、利用促進を図るため伊那市、木曽町、高山市のPR用DVDを活用することで、3地域の広域的な周遊・誘客に寄与した。
37  

上伊那の観光資源発掘事業(PDF:216KB)

上伊那観光連盟(伊那市) 

観光面で低迷している上伊那地域の交流人口拡大を図るため、観光商品の開発を行うとともに、地域一体で効果的な情報発信を行うためのツールを構築する。

7,851,600

5,993,000

新たな観光商品の開発と、大手旅行雑誌等を活用した広域的なプロモーションを行うことで、地域の課題である上伊那地域への観光客の増加に向けた機運の醸成に寄与した。
38  

上伊那地域観光戦略 ~DMOにむけて~(PDF:200KB)

 

上伊那観光連盟(伊那市)

上伊那全体の観光地域づくりのかじ取り役を担うプラットホームが必要であり、多様な関係者との連携についての合意形成を図るための講演会等を実施する。

388,770

311,000

上伊那地域全体の新たな取組であるDMOの設立に向けたワークショップ等の実施により、新たな観光振興体制の構築を図るとともに、将来的な上伊那地域の観光振興に向けた機運の醸成に寄与した。

39  

伊那谷子育てフェス2016 ~伊那からはじめるアウトドアライフ(PDF:185KB)

 

「伊那谷は子育てバレー」実行委員会(伊那市)

伊那谷の子育て支援を県内外へPRするとともに、ファミリー層を対象として地域の魅力である自然環境や食を活用したアウトドアイベントを開催する。

2,196,562

1,506,000

自然環境や教育・子育て環境に優れた土地である伊那谷を地元及び都会の子育て世帯に広く発信し、地域への観光客の増加を促すなど、地域の魅力再発見に寄与した。
40  

日本一高い星空観賞会による観光まちづくり事業(PDF:191KB)

 

早太郎温泉事業協同組合(駒ヶ根市)

観光素材の検討を重ねた結果「星空」による観光まちづくり化を目指し、地元の星空案内人を育成するとともに、地域一体で観光誘客を図るため、中央アルプス千畳敷カールや駒ヶ根高原での星空観賞会を開催する。

4,046,476

2,241,000

地元住民を中心に「星空案内人講座」を開催することにより、地域の魅力を伝える担い手の育成を図るとともに、新たな観光資源として地域活性化に寄与した。
41  

「山の南信州へ」伊那路・木曽路広域観光宣伝事業(PDF:205KB)

 

伊那路・木曽路広域観光連携会議(駒ヶ根市)

南信地域の存在感を強くアピールする一環として、事業推進テーマを山岳高原に特化し、南信州全域での魅力創出とイメージアップを図る山岳観光資源のPRを行う。

3,212,322

2,554,000

信州DCと連動して南信州の山々の魅力をPRするとともに、広域単位で観光地としての情報発信を行うことで、山岳観光地としての認知度の向上や誘客促進に寄与した。
42  

飯田線と天竜まったり散歩(PDF:203KB)

上伊那北部観光連絡協議会(辰野町) 行政を越えた産業、観光の発展と観光誘客を図るため、JR飯田線の魅力を県内外に発信し広域観光を推進するとともに、地域に食や特産品をPRするため、ウォーキングと飯田線を組み合わせたイベントを開催する。

1,117,635

731,000

参加者が予定よりも下回ったという課題はあるものの、ウォーキングイベントの開催に併せて伊北3町村の魅力発信を図るとともに、コースの途中にスタンプラリーや地域の名物丼等を参加者にPRすることで、地域の魅力発信や地域活性化に寄与した。
43  

米俵で飯島町を元気に!!(PDF:160KB)

飯島町米俵マラソン実行委員会(飯島町) 飯島町産米のPRと米食の普及及び地域住民の町おこしに対する意識の醸成を図るため、県内有数の米の産地である飯島町で米俵マラソンを実施する。

6,327,318

1,224,000

 「めしのしま」の町として古くから米作りが盛んで、農業が基幹産業である飯島町の特徴を生かし、飯島産米とマラソンを組み合わせた新しいイベントを開催し多くの参加を得るとともに、伝統技能である米俵の制作技術の継承を図った。県内外から800名を超える参加があったほか、300名以上の町民ボランティアの参加など地域振興に寄与した。
44  

地域資源を活用した「大芝高原総合ネイチャーアクティビティイベント」事業(PDF:233KB)

 

大芝高原総合ネイチャーアクティビティ実行委員会(南箕輪村)

村の有用な資源である大芝高原一帯を活用し、自然の中でアクティビティに親しむことによる交流人口の増加、新たな魅力化を図る。また、上伊那地域の若者を対象にしたアクティビティを活用した婚活イベントを実施する。

1,827,687

1,251,000

大芝高原の持つ豊かな自然を生かし、若者向けに自然体験型コンパやファミリー向けのアクティビティイベントを開催することにより、健康増進や交流人口の増加につながるとともに、大芝高原の魅力発信に寄与した。

45  

い~なガイドの会「い~な旅の歩みとガイドのおすすめコース」冊子作成と第3期観光ガイド養成講座(PDF:172KB)

 

い~な ガイドの会(伊那市) 

伊那市への誘客に役立てるため、これまでの活動報告、お薦めスポット・コースを冊子にまとめ商談会などでPRするとともに、取組みを推進させるためガイド養成講座を開催する。

343,272

234,000

伊那市内の魅力再発見を目的に、観光ガイドの育成テキストの作成や地元ガイド養成講座を開講するなど、観光客受入体制の整備・充実に寄与した。
 (2)農業の振興と農山村づくり
46  

柿加工品の特産化による駒ヶ根市竜東地区の活性化事業(PDF:241KB)

 

駒ヶ根市 中沢地区営農組合(駒ヶ根市)

平核無柿の産地化及び商品化により、若者が担い手として活躍及び高齢者が生き生きと参加できる産業を確立し、安定した柿の生産、雇用拡大及び新たな地域ブランドを創出するため、PR事業等を行う。

5,011,730

3,035,000

中山間地域における遊休荒廃地を活用することで、駒ヶ根市の地域ブランドの「駒ヶ根あんぽ柿」の生産体制を整備するとともに、将来的な雇用拡大や産業振興などに寄与した。
 (3)森林づくりと林業の振興
47  

上伊那発!ぬくもり伝える木の良さ発信事業(PDF:241KB)

 

上伊那林業振興協議会(伊那市)

県、市町村との協働により、上伊那産の木で製造した教育設備の導入や木育事業の実施により、小学生を中心に上伊那産の木の良さを伝える。

4,367,954

2,911,000

教育施設への地元木材の利用や、将来の地域材ユーザーとして期待される子どもたちを対象とした木育事業を実施することで、地域産業の振興や子どもたちへの環境意識の醸成に寄与した。
 (5)その他(産業の振興・雇用の拡大)
48  

地域資源活用観光モデルコース開発事業(PDF:170KB)

 辰野町

新日本歩く道紀行100選の認定を契機に中央アルプス横川峡観光地点等の入込客数を増やすため、住民協働で魅力アップを図り、ルートマップ制作とルート看板設置を行う。

1,466,784

889,000

横川渓谷がもっている歴史を学び、地域の魅力を再発見するために住民が中心となったワークショップ等を踏まえ、観光ルートマップ等を作成するなど、地域の魅力向上に寄与した。
49  

村政60周年記念事業 アサギマダラの里フェスティバル(PDF:212KB)

 

宮田村

「アサギマダラの里」を村の新しい地域資源として環境整備し、子どもたちの自然教育、住民の癒しとなるの場づくりを進めるとともに、誘客促進を図るためフェスティバルを開催する。

3,005,639

1,734,000

子どもたちに自然の神秘を体験するとともに、地域住民の癒しの場として、「アサギマダラの里」の整備を図ることで、地域環境の良さや楽しみ方などの魅力発信に寄与した。
50  

上伊那地域の若者人材確保事業(PDF:192KB)

 

上伊那地域若者人材確保連携協議会(伊那市)

上伊那地域への若者の雇用を促進し、産業の総合的に発展させるため、企業や商工団体、国、県、市町村が一体となり、オール上伊那で企業と若者の合同就職説明会、企業面接会を開催する。

1,719,432

642,000

若者人材の県外流出は管内の大きな課題となっている状況であり、若者の地元への就職・定住を促進し、地域の活力を創出するために企業・学生双方が交流する機会を官民一体となって設けることで、将来の上伊那地域を担う人材育成に寄与した。
51  

伊那谷発ヤマノミクス!~アルプスと自然の魅力を認識し、人とお金を呼び込むプロジェクト~(PDF:948KB)

 

アルプス伊那活性化プロジェクト実行委員会(伊那市)

「2つのアルプスに囲まれた街」である点に着目し、地域住民の郷土愛醸成により地域への定着を促進するとともに交流人口の増加を図ることを目的とし、県内外に伊那谷の魅力をPRするアウトドアイベントを開催する。

3,481,000

2,605,000

 「2つのアルプス」の魅力をアウトドアフェスティバルやワークショップを開催を通じ、観光客やアウトドア愛好家へ周知を図るとともに、地域住民への郷土愛の醸成や交流人口の増加に寄与した。
52  

アルプスに隠された駒ヶ根市の魅力 再認識・全国発信事業(第3弾)(PDF:248KB)

 

こまがね市民活動支援協会(駒ケ根市)

観光誘客や交流人口の増加目指し、アルプスの山々に埋没しがちな魅力ある資源にスポットを当てた「駒ヶ根三十六景」を活用して市内外へのPR、イベント、環境整備などを実施する。

1,078,230

808,000

平成27年度に市民投票により決定した「駒ヶ根三十六景」を掲載したフォトマップを作成し、多くの市民に駒ヶ根市が持つ豊かな自然や風景への理解を深めるなど、地域の魅力再発見に寄与した。また、駒ヶ根三十六景をテーマにしたフォト・絵画コンテストを通じ、地域の魅力発信に寄与した。
53  

「青年海外協力隊員と創るみなこい地域魅力発見マップ」作成(PDF:237KB)

 

駒ヶ根協力隊を育てる会(駒ヶ根市)

みなこい(伊南4市町村)地域の新たな魅力を発掘し、地域・全国・世界へ発信するため、地域と海外協力隊員の協働事業として、「みなこい魅力発見マップ」の作成等を行う。

473,080

354,000

参加者が予定よりも下回ったという課題はあるものの、みなこい(伊南4市町村)地域の新たな魅力を発掘するため、「みなこい魅力発見マップ」の作成等を通じ、地域の魅力発見と青年海外協力隊員を迎え入れる機運の醸成に寄与した。
54  

歴史古道フットパスによる地域創生活動(PDF:224KB)

 

まほろばの里研究会(駒ケ根市)

地元の良さを再発見するとともに観光振興を図るため、古道や歴史財産を活用した「歴史古道フットパス」事業を行う。

1,230,940

923,000

フットパス(自然や風景などを楽しみながら歩くことのできる小道)を実際に歩きながら地域への理解を深めるとともに、地域住民を巻き込んだツアーを実施することで、地域の交流促進と魅力発見に寄与した。 
55  

『竹ボカシ米』を新しい地域ブランド米として展開(PDF:200KB)

 

竹の会 夢里人(中川村)

竹チップを有効活用して製造した肥料『竹チップボカシ』を使った『竹ボカシ米』を地域の新ブランド米として位置づけ、PRする。

621,891

454,000

 「竹米」をより効率的に生産するため除草機を用いて生産面積の拡大を図るとともに、良質で美味しいお米であることを示すベストファーマー認定を得るなど、地域の新ブランド米化を図るとともに、生産体制の整備に寄与した。
8 その他地域の元気を生み出す地域づくり
56  

みんなで作る!考える!若者コミュニティ創生事業(PDF:187KB)

 箕輪町 結婚希望を叶えると同時に活気ある地域づくりを目指すため、若者同士がつながり合えるイベントや、若年層を対象とした将来の生活設計を考えるための啓発事業を実施する。

2,456,600

1,628,000

地域の若者同士がつながり合える交流・出会いイベントの実施や、若者のライフプラン等に関するセミナーを通し、交流人口の増加を図るとともに、地域の担い手となる若者の将来設計の啓発に寄与した。
57  

上伊那地域移住定住事業(PDF:218KB)

 

上伊那広域連合

市町村単位で積極的に取り組んでいる移住定住事業を広域単位で取り組み、上伊那地域の知名度向上を図るとともに、地域全体で多くの移住定住希望者を迎え入れる。 3,187,308

 

2,346,000

 

大学への進学をきっかけに、上伊那地域の若者の都市圏への流出が課題となっている状況に対して、市町村を越えた広域単位で移住定住者を迎え入れる体制の構築を図るとともに、上伊那地域の若年者の雇用促進に寄与した。
58

上伊那ものづくり産業・雇用拡大推進事業(PDF:242KB)

 

公益財団法人 上伊那産業振興会(伊那市)

上伊那地域全体が一丸となり、地域外で上伊那産業のPRを行うことにより、企業・産業の活性化や人材の受け皿の醸成を図るためのキャラバン・マッチング会を実施する。

3,125,466

2,344,000

上伊那の企業を他地域企業と結び付け、魅力あるビジネス環境のPR等を図るために、管内企業の得意な技能をまとめた「企業情報冊子」を作成するとともに、官民一体となって地域交流マッチングフェアを開催し、上伊那地域のものづくり産業の活性化に寄与した。
59  

地域の人材が地域で学び地域で活躍する風土醸成事業(PDF:242KB)

 

公益財団法人 上伊那産業振興会(伊那市)

人口減少の抑制に貢献するため、地域の人材が地域を愛し、ものづくりに興味を抱き、地域の中で活躍できるように、南信工科短大等地域の関係機関と連携し人材育成事業を実施する。

3,890,244

2,508,000

ものづくり産業が盛んな上伊那地域で管内の学生が地域のものづくりについて学び理解を深めるために、小学校高学年を対象とした総合学習の一環として環境出前授業の実施や、管内の企業や行政機関等45団体が連携し、高校生と南信工科短大生が企業と交流する場を設けるなど、上伊那地域の若者人材の育成に寄与した。
60  

JR飯田線活性化期成同盟会イベント列車事業(PDF:234KB)

 

JR飯田線活性化期成同盟会(伊那市)

地域の貴重な公共交通である飯田線の利用促進を図るため、官民協働でイベント列車を運行する。

1,392,097

1,072,000

飯田線利用者が減少傾向にある中で、鉄道の利活用を促進するために、地元小学生親子を対象とした貸切列車の運行や、飯田線沿線の温泉施設を巡る旅を提供するなど、飯田線を含めた地域愛の醸成に寄与した。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県上伊那地域振興局企画振興課

長野県伊那市荒井3497

電話番号:0265-76-6801

ファックス番号:0265-78-2116

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?