ホーム > 上田地域振興局 > 管内情報 > 各課等業務のご案内 > 上田農業農村支援センター > 技術経営普及課 > 地域の出来事 > ブロッコリー緑肥試験現地検討会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2021年6月20日

上田地域振興局

ブロッコリー緑肥試験現地検討会を開催しました

6月28日に上田市真田町現地ほ場において、ブロッコリー緑肥試験現地検討会を開催しました。

当センターでは、土づくりに使用されている堆肥について、散布が手間であること、堆肥の価格が高価であることから、種子をまくだけで、地力の増進と土壌物理性の改善効果が期待される緑肥に着目し、その効果を実証するため昨年度から実施しています。

今回は、昨年度の試験結果報告と本年度の生育状況を見ていただきました。
当日は、JA、地元農業青年クラブ「青葉会」会員、上田市役所真田自治センターが参加し、5月6日に播種をした「ライ麦(品種:ダッシュ)」、「ソルガム(品種:元気ソルゴー)」、「セスバニア」の3種について、検討しました。
今年は、夏の定植に間に合うように5月に播種し、ライ麦とソルガムは人の背丈ほどに成長しましたが、セスバニアは試験期間中低温だったため、ほとんどが発芽しませんでした。

参加者からは、「ブロッコリーを年間2作するが、春作と秋作の間に緑肥を組み込むことを提案できないか?」という要望をいただきました。
その他「すき込むタイミングとして、どのくらい成長した時が望ましいのか?」、「すき込むために、ハンマーナイフモアのような細断する機械が必要ではないか?」、「費用対効果を検証してほしい」等、様々な意見をいただき、関心の高さが伺えました。

今後、生育調査を行った後、7月上旬にすき込んで、土の状態の変化について調査を行う予定です。

 

緑肥

 

 

お問い合わせ

所属課室:長野県上田地域振興局上田農業農村支援センター

上田市材木町1-2-6

電話番号:0268-25-7157

ファックス番号:0268-23-2161

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?