ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 小学生から20代の若者が、自作のアプリケーションを発表!信州未来アプリコンテスト0(ZERO)を開催します。

ここから本文です。

更新日:2018年11月16日

小学生から20代の若者が、自作のアプリケーションを発表!信州未来アプリコンテスト0(ZERO)を開催します。

長野県(企画振興部)プレスリリース平成30年(2018年)11月16日

多彩な産業分野で活躍できる高度なICT人材を育成するため、スマートフォン、タブレット端末、パソコン等で動作する自作のアプリケーションを募り、優れた作品を表彰する「信州未来アプリコンテスト0(ZERO)」を以下のとおり開催します。

開催日時

平成30年12月8日(土曜日)10時00分~17時00分(開場9時30分)

開催場所

信州大学国際科学イノベーションセンター
(長野県長野市若里4-17-1信州大学工学部キャンパス内)
会場URL:http://www.shinshu-u.ac.jp/centerforinnovation/

テーマ

「あっ」と言わせるアプリ

ICTのアイデアで世の中を驚かせたい、変化を起こしたい、という気持ちをコードに込めた、誰かを「あっ」と言わせられると思うアプリ

部門別出場予定者

全68件の応募の中から、書類審査を通過した21組が出場します。

U15(15歳以下):10組
U18(16~18歳):3組
U29(19~29歳):8組

詳細はホームページをご覧ください。
https://shinshu-futureapp.net/demoday/

表彰

長野県知事賞

 

全部門を通じた最優秀者[1組]

総務省信越総合通信局長賞

U29の優秀者[1組]

 

信州大学長賞

U18の優秀者[1組]

長野県教育委員会賞

U15の優秀者[1組]

信越情報通信懇談会長賞

全部門を通じ特に印象に残る発表を行った者[1組]

「起業家甲子園・万博」への出場

本コンテストは、国立研究開発法人情報通信研究機構が平成31年3月11日(月曜日)・12日(火曜日)に開催予定の「起業家甲子園・万博」の信越地区大会に位置づけられています。優秀者は「起業家甲子園・万博」への挑戦権が与えられる可能性があります。
起業家甲子園・万博の詳細はこちら(http://www.nict.go.jp/venture/ec2_2018.html

 

 

※上記のほか、後援団体からの特別賞も予定

 

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)について

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)は、「0(ゼロ)」から「1(イチ)」を踏み出そうとするクリエイティブな若者を応援する、アプリケーションコンテストです。
過去の開催結果はHPよりご覧いただけます。(https://shinshu-futureapp.net/information/contest/

過去のコンテストの様子

 

 

担当部署 企画振興部情報政策課地域情報化係
担当者 (課長)塩川吉郎(担当)中村政俊
電話 026-235-7138(直通)
ファックス 026-235-0517
メール joho@pref.nagano.lg.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • さわやか信州旅ネット(観光機構)
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)