ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和4年(2022年)8月プレスリリース資料 > 「食」と「健康」ラボ研究会第9回シンポジウムを開催します

ここから本文です。

更新日:2022年8月23日

「食」と「健康」ラボ研究会第9回シンポジウムを開催します

長野県(産業労働部)プレスリリース令和4年(2022年)8月23日

長野県食品製造業振興ビジョン推進協議会では、「食」と「健康」ラボ研究会を設立し、産学官連携による「からだに優しい食品」の新たな商品開発に取り組んでいます。この度、健康長寿研究の最前線でご活躍中のお二人に、「健康長寿×ビッグデータ」の視点でご講演いただきますので、ふるってご参加ください。

1日時

令和4年9月7日(水曜日)13時30分~17時00分

2開催形式

Zoomによるオンラインセミナー形式※事前申込制

3

講演1「産官学民を巻き込んだ短命県返上の試み」

  • 講師弘前大学学長特別補佐中路 重之
  • 概要弘前大学COIは、青森県の短命県返上を旗頭に、岩木健康増進プロジェクトのビッグデータを中心としたデータプラットフォームとソーシャルキャピタルのプラットフォームの二つのプラットフォームを構築することで、産官学民の自然発生的な連携を図り、健康づくりに向けた社会イノベーション創出を目指している。本講演では、その経緯と現状についてお話しする。

講演2「食のヒト介入試験システム「江別モデル」を活用した健康寿命延伸への挑戦

  • 講師北海道情報大学学長西平 順
  • 概要北海海道情報大学は、2008年に食のヒト介入試験システム「江別モデル」を立ち上げ、ヒトを対象にした食の機能性研究、および集積したデータ(食事調査、血液検査、遺伝子解析、腸内細菌叢等)の網羅的解析を行っている。これまで約120件の臨床試験を終了し、継続して介入試験に参加した会員を対象に時系列で健康データの変化を追跡している。本講演では、「江別モデル」の仕組み、および食による健康寿命の延伸について紹介する。

4参加

無料

5定員

200名定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。

6申込みについて

9月6日(火曜日)までに以下URLよりお申込みください。
URL:https://forms.gle/98PhJwuw1YFLai3F8(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

7問い合わせ

長野県食品製造業振興ビジョン推進協議会/「食」と「健康」ラボ研究会事務局
国立大学法人信州大学農学部(担当)三宅、木下
TEL:0265-77-1648
E-mail:shinshu-kskk☆shinshu-u.ac.jp(☆を@に変換してください)

 

※本シンポジウムは、信州機能性食品開発研究会との共催です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業労働部産業技術課日本酒・ワイン振興室

担当者名:(室長)相澤光宏(担当)伊藤稚菜

電話番号:026-235-7126

ファックス番号:026-235-7197

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?