ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県の組織一覧(本庁) > 次世代サポート課紹介 > 平成30年度地域少子化対策重点推進交付金活用事業について

ここから本文です。

更新日:2019年4月16日

平成30年度地域少子化対策重点推進交付金活用事業について

国の「地域少子化対策重点推進交付金」を活用して実施する事業について、平成30年度の実施計画を公表します。

「地域少子化対策重点推進交付金」とは?

少子化問題に対応するため、地方公共団体が行う結婚に対する取組や、結婚、妊娠・出産、乳児期を中心とする子育てに温かい社会づくり・機運を醸成する取組を支援する、国の交付金です。詳細については、下に掲載する交付要綱等をご覧ください。

長野県が実施する事業

平成29年度地域少子化対策重点推進交付金(国平成29年度補正予算)活用分

事業名

社会全体で結婚・子育て応援事業

長野県総合的結婚・子育て支援事業

企業・異業種間交流事業

事業費

4,734千円

15,843千円

2,453千円

事業内容

社会全体で子育てを支える環境作りや子育てに温かい機運の醸成を図るため、下記の取組により、企業・団体・地域への働きかけや子育て家庭への情報発信強化を図ります。
・「いい育児の日」や「家族の日・週間」の普及啓発
・ながの子育て家庭優待パスポート事業・子育て応援キャンペーンによる、子育て家庭に向けた優待内容のさらなる拡充
・将来世代応援ポータルサイトの構築

下記の取組により、県と市町村等の連携を図り、かつ企業・団体等の参加・協力のもと、総合力で結婚支援を推進します。
・結婚・子育て支援に関する総合的な計画の策定や意識調査の実施
・市町村結婚支援担当者会議の開催
・官民協働の結婚支援ネットワークの拡充、企業の結婚支援参画を促す働きかけ
・「長野県将来世代応援県民会議」における結婚・子育て支援部会の運営

商工会議所等の行う、県内企業で働く方を対象とした、ワークライフバランスや男性の家事・育児参画等をテーマとした交流会付きのセミナーに対し、補助金を交付します。
これにより、参加者の家事・育児に対する意識向上と、企業や業種を横断した多様な交流機会の創出に取り組みます。

 

平成30年度地域少子化対策重点推進交付金(国平成30年度当初予算)活用分



ワンストップの結婚情報提供・発信事業

婚活サポーター育成・交流事業

大学生のライフプラン形成支援事業



915千円

250千円

1,078千円




「長野県婚活支援センター」で県内の婚活情報を一元的に提供・発信することで、婚活の始めかたに迷う方が、初めの一歩をセンター1か所だけで(ワンストップで)踏み出せるような運営に取り組みます。

お見合い支援を行うボランティア「婚活サポーター」に対し、支援者同士の連携強化を視野に入れ、研修会や、公的結婚相談所の相談員との情報交換会を行います。また、近年件数の多い、未婚の子を持つ親からの相談を研修テーマの一つに置き、「婚活サポーター」のさらなるレベルアップを支援します。

若者の皆さんへ向け、人生の選択肢を広げること、また結婚や子育てに対するポジティブな意識を醸成することを目指し、県内大学と連携したライフデザインセミナーの開催や、その内容をまとめた啓発冊子の配布を行います。

 

長野県内の市町村が実施する事業(25市町村)

以下の市町村でも、「地域少子化対策重点推進交付金」を活用した事業を実施します。実施計画は各市町村のホームページで公表しています。

平成29年度地域少子化対策重点推進交付金(国平成29年度補正予算)活用分

平成30年度地域少子化対策重点推進交付金(国平成30年度当初予算)活用分

交付要綱等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部次世代サポート課

電話番号:026-235-7207

ファックス:026-235-7087

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?