ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)10月プレスリリース資料 > 内閣府国際交流事業「東南アジア青年の船」の参加青年が表敬訪問します

ここから本文です。

更新日:2019年10月21日

内閣府国際交流事業「東南アジア青年の船」の参加青年が表敬訪問します

長野県(県民文化部)プレスリリース令和元年(2019年)10月21日

内閣府主催「東南アジア青年の船」事業の一環として、日本を含むASEANの11か国の参加青年が増田県民文化部長を表敬訪問します。

日時

令和元年10月28日(月曜日)午前10時~午前10時30分

場所

長野県庁 3階 特別会議室

訪問者

東南アジア青年の船参加青年30名(うち日本人4名) 

※参加青年は別紙のとおり

内容

  1. 青年訪問団代表あいさつ
  2. 増田県民文化部長あいさつ
  3. 記念品交換、懇談
  4. 記念撮影

県内の予定(地方プログラム)

  • 26日(土曜日) 長野到着~歓迎レセプション(ホテルメトロポリタン長野)
  • 27日(日曜日) ホームステイ(長野市内)
  • 28日(月曜日) 県民文化部長表敬訪問~善光寺門前町における「Glocal」な場所の視察(おやきづくり、1166バックパッカーズ(ゲストハウス)訪問、もんぜんぷら座見学)~抹茶体験・夕食(蓮香寺)
  • 29日(火曜日) 善光寺散策、白蓮坊(ギャルリ蓮)にてとんぼ玉ブレスレットづくり~東京へ

内閣府「東南アジア青年の船」事業について

 の青年国際交流事業の一つで、昭和49年に日本とASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国の間の共同事業として発足し、その後、毎年実施され、今回で46回目を迎えます。参加者はASEAN10か国と日本の青年で、東南アジアの訪問国に向けて11月3日に横浜を出航、約40日間船上での生活を共にし、船内及び訪問国において交流活動を行います。
11月3日の出航に先立ち、ASEANの青年が来日し、長野県をはじめ11府県の受入先に分かれ、10月29日までの4日間の地方プログラムを体験します。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部次世代サポート課

担当者名:(課長)塩川 吉郎(担当)木村 早希

電話番号:026-235-7210

ファックス番号:026-235-7087

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?