ホーム > 仕事・産業・観光 > 能力開発 > 技術専門校 > 長野県一般任期付職員(技術専門校建築科(木造建築科)における訓練指導業務)採用選考受験案内

ここから本文です。

更新日:2019年11月29日

長野県一般任期付職員(技術専門校建築科(木造建築科)における訓練指導業務 )採用選考受験案内

受付期間:令和元年11月29日(金曜日)から令和元年12月24日(火曜日)まで
◎郵送の場合は、12月24日までの消印のあるものに限り受け付けます。
第1次選考:書類選考(令和2年1 月上旬)
第2次選考:面接選考(令和2年1 月16日)【第1次選考合格者のみ】

 1 職種、職位、採用予定人員、勤務予定機関

 

職種(※1)

職 位

採用予定人員

勤務予定機関(※2)

建築(一般任期付職員)

技師又は主任(訓練指導員)

1名

松本技術専門校

 

※1 採用後の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)で規定する一般職の地方公務員です(教育公務員特例法(昭和24年法律第1号)で規定する教育公務員ではありません。)。

※2 採用後の人事異動により、長野技術専門校又は飯田技術専門校で勤務する場合があります。

2 担当業務

以下に掲げる訓練指導のほか、訓練生の生活指導等を行う。

訓練科名

建築科

訓練概要

在来工法による木造建築物の建築に必要な木造住宅の構造、施工法の基礎等に関する知識のほか、各種手工具、木工機械等の使用方法及び工作法を指導する。

木造家屋完成までの手順を模擬家屋の製作等を通じて実践的に指導する。

技能検定2級程度の技能と関連知識の習得、在校中の技能五輪県大会参加に向けて訓練を行う。

主な教科

[学科]

各種概論(建築、構造力学、建築構造、建築計画、建築生産)、測量、製図、安全衛生等の基礎科目

木質構造、建築材料、規矩術、工作法、木造建築施工法等の専攻科目

[実技]

機械操作、測量、安全衛生作業法等の基礎実習

工器具使用法、工作、木造建築施工等の専攻実習 

 

3 任期及び採用予定日

 

任期

採用の日から3年間(※)

採用予定日

令和2年4月1日

 

※ 業務の状況、勤務成績等により本人の同意を得て最長5年間まで延長する場合があります。

4 応募資格

 (1)免許・職務経験

 次に掲げるア、イのいずれも満たしている人

ア 【免 許】

イ 【職務経験年数】

建築科の職業訓練指導員免許及び一級技能士(建築大工)の資格を有していること。

 

建築大工の職務経験年数が次のいずれかに該当すること。

(1) 学校教育法による大学を卒業後、民間企業等における職務経験を2年以上有すること。

(2) 学校教育法による短期大学又は高等専門学校を卒業後、民間企業等における職務経験を4年以上有すること。

(3) 学校教育法による高等学校を卒業後、民間企業等における職務経験を7年以上有すること。

(4) 民間企業等における職務経験を10年以上有すること。

 

※1 年齢制限はありません。

※2 「民間企業等における職務経験」とは、一の会社、公益法人若しく特定非営利活動法人その他の団体(国及び地方公共団体を含みます。)の従業員、自営業者(これらの相当するものとして県が認めるものを含みます。)として、1年以上の期間(週30時間以上従事した期間のみ該当します。)継続して就業等していたことをいいます。

※3 職務経験が複数ある場合は、その期間を通算できます。ただし、同一期間内に複数の職務経験を有する場合は、当該期間内の職務経験はいずれか一のものに限りその期間を通算できます。

 (2)欠格事由

次のいずれかの要件に該当する人は、応募できません。

ア  日本の国籍を有しない人

イ 地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当する人

 (以下はその内容です。)

(1) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人

(2) 長野県の職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない人

(3) 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

5 選考方法

 

区 分

内 容

日 程

結果通知

第1次選 考

論文考査

業務に関する専門知識、経験、業務への姿勢等の考査

1月上旬

申込者全員に郵送

経歴審査

応募資格の有無、経歴等の審査

第2次選 考

口述考査

第1次選考合格者への個別面接

1月16日(※)

第2次選考受験者に郵送

 

※ 第2次選考の詳細日程については、第1次選考合格者に文書で通知します。

(選考会場は、松本技術専門校を予定しています。)

6 応募手続

(1)提出書類

(1)受験申込書(様式1)

別紙「申込書記入要領」にしたがって作成してください。

(2)小論文 (任意様式)

別紙「小論文作成要領」にしたがって作成してください。

 

※ (1)、(2)を各1通提出してください。なお、提出書類は返却しません。

 ※ 上記の提出書類様式は長野県ホームページからダウンロードできます。

 (https://www.pref.nagano.lg.jp/jinzai/sangyo/kaihatsu/gijutsu/r1recruit.html

 ※ この選考の実施に際して収集する個人情報は、この選考及び採用のために必要な範囲でのみ利用します。

(2)申込方法及び受付期間

 令和元年11月29日(金曜日)から令和元年12月24日(火曜日)までの間に、(1)の提出書類を次のいずれかの方法により提出してください。

 

郵送する場合

封筒の表に「長野県職員応募書類在中」と朱書きし、簡易書留等確実な方法により(3)の提出先に郵送してください。令和元年12月24日(火曜日)までの消印のあるものに限り受け付けます。

持参する場合

(3)の提出先に持参してください。受付時間は、平日の午前8時30分から午後5時までです。

 (3)提出先

〒380-8570(県庁専用郵便番号 住所記載不要)

 長野県産業労働部人材育成課 電話026-235-7199

7 勤務条件

(1)給与

 初任給は経歴等に応じて決定します。

 このほか、通勤手当、期末・勤勉手当、扶養手当、住居手当等が条件に応じて支給されます。

(2)勤務時間等

 原則として、勤務時間は午前8時30分から午後5時15分まで(休憩1時間を含む。)の7時間45分、休日は土日祝日です。

(3)休暇等

 年次有給休暇(年間20日。採用年は15日)、特別休暇(夏季、慶弔等)、療養休暇等の制度があります。

(4)服務

 一般任期付職員は、常勤の一般職の地方公務員であり、秘密を守る義務、営利企業等の従事制限などの地方公務員の服務に関する規定が適用されます。

8 その他

(1)最終合格発表後、心身の故障のため職務の遂行に支障があり、又はこれに耐えられないことが明らかとなった場合は、採用しないことがあります。

(2)応募・受験に要する経費は本人の負担となります。
(3)この選考に関するお問い合わせは、下記までお願いします。 

【お問合せ先】

 〒380-8570(県庁専用郵便番号 住所記載不要)

長野県産業労働部人材育成課 電話 026-235-7199

 FAX 026-235-7328

 電子メール jinzai@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部人材育成課

電話番号:026-235-7199

ファックス:026-235-7328

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?