ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 官民一体でデジタルスキル等の学び直しを支援する枠組み「日本リスキリングコンソーシアム」に参画します!

ここから本文です。

更新日:2022年8月1日

官民一体でデジタルスキル等の学び直しを支援する枠組み「日本リスキリングコンソーシアム」に参画します!

長野県(産業労働部)プレスリリース令和4年(2022年)8月1日

 

「日本リスキリングコンソーシアム(以下、「コンソーシアム」という)」は、国や地方自治体、民間企業などが一体となって、人々のデジタルスキル等の学び直しを支援する枠組みです。
長野県は、県産業人材育成プラン2.0(令和3年9月策定)に掲げる「デジタル人材育成の強化」及び「リカレント教育の充実」を推進するため、コンソーシアムに後援団体として参画しました。
コンソーシアムが提供する200以上の多様なリスキリングプログラム(オンライン)を活用し、希望者が、そのライフスタイルやニーズに応じて、学び続けることができる機会を創出します。

日本リスキリングコンソーシアムの概要

国や地方自治体、民間企業などが一体となって、人々のデジタルスキル等の学び直し(リスキリング)の支援に取り組む枠組みで、令和4年6月に49者で発足。8月1日時点では65者が参画しています。

主幹事はグーグル日本法人で、他府県では、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、大阪府、広島県、愛媛県、佐賀県、大分県が参画しています。

活動内容

コンソーシアムのウェブサイトで、デジタルスキル等の向上につながる266のリスキリングプログラム(オンライン)を提供しています。

希望者はサイトに登録(無料)することで、プログラムを検索・受講できます。

テーマ クラウド、マーケティング、テレワーク、働き方改革、学校教育、インターネット、セキュリティ、クリエイティブ、AI(人工知能)、デザイン、データ分析など
レベル 初級、中級、上級、経営層向け
提供数 266(無料198、有料68)令和4年8月1日時点

 

構成団体・企業及び役割

スキルアップに必要なプログラムを提供し人材育成を加速・サポートする「リスキリングパートナー」、プログラム受講者と企業をマッチングし就業支援を推進する「ジョブマッチングパートナー」、企業・地域・関係団体をつなぎコンソーシアムの活動・プログラムの周知と積極的な活用を促進する「後援団体・企業・協力省庁」で構成されています。

構成団体・企業一覧(PDF:285KB)はこちらを参照ください。

 


 



Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業労働部産業人材育成課

担当者名:(課長)中村嘉光(担当)荻原悠介

電話番号:026-235-7199

ファックス番号:026-235-7328

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?