ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)2月プレスリリース資料 > 「知ろう、守ろう、考えよう!みんなが人権ブースター」人権スペシャルゲーム 信州ブレイブウォリアーズvs茨城ロボッツ を開催します(県民文化部人権・男女共同参画課)

ここから本文です。

更新日:2020年2月14日

「知ろう、守ろう、考えよう!みんなが人権ブースター」 人権スペシャルゲーム 信州ブレイブウォリアーズvs茨城ロボッツ を開催します

長野県(県民文化部)プレスリリース令和2年(2020年)2月14日

 一人ひとりの個性や多様性を尊重し、すべての人が互いに支えながら共に生きる「人権が尊重される長野県」をめざし、信州ブレイブウォリアーズ(株式会社 信州スポーツスピリット)と連携してホームゲームで人権啓発活動を行います。 

1 タイトル

「知ろう、守ろう、考えよう!みんなが人権ブースター」人権スペシャルゲーム

B2リーグ2019-2020シーズン 信州ブレイブウォリアーズホームゲーム

信州ブレイブウォリアーズ vs 茨城ロボッツ  

2 日 時

令和2年2月22日(土曜日) 17:00試合開始

3 場 所

ホワイトリング(長野市真島総合スポーツアリーナ:長野市真島町真島2268-1)

4 内 容

(1)人権スポーツ教室の開催 (14:45~)

 ・人権擁護委員の講話とバスケットボール教室(試合のコートで実施)

 ※参加申込につきましては、信州ブレイブウォリアーズ公式サイト(https://www.b-warriors.net/news/4542033357/)をご覧ください。

(2)啓発活動(14:30~)

 ・入退場口での啓発活動、人権に関するアンケート

 ・信州ブレイブウォリアーズ選手による人権メッセージパネルの展示

 ・人権イメージキャラクター 人KENまもる君・人KENあゆみちゃんによるPR

(3)コート内セレモニー(15:25頃~)

 ・一日人権擁護委員の委嘱

  (信州ブレイブウォリアーズホームタウン活動推進担当 齋藤崇人さんと、マスコットキャラクター ブレアーへ委嘱)

5 主 催

長野県人権啓発活動ネットワーク協議会、信州ブレイブウォリアーズ

 (長野県人権啓発活動ネットワーク協議会とは) 

 長野県内において人権啓発活動を行っている機関が連携・協力して、様々な人権啓発活動を総合的かつ効果的に行うことを目的に設立されたネットワーク。(長野地方法務局、長野県人権擁護委員連合会、長野県、長野県教育委員会などで構成)

 

 

 


担当部署 県民文化部人権・男女共同参画課人権尊重係
担当者 (課長)直江 崇(担当)東 美智子
電話

026-235-7106(直通)

026-232-0111(代表)内線3744

ファックス 026-235-7389

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部人権・男女共同参画課

電話番号:026-235-7106

ファックス番号:026-235-7389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?