ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 7月は「人権について考える強調月間」です~人権が尊重される長野県をめざして~(県民文化部人権・男女共同参画課)

ここから本文です。

更新日:2019年6月24日

7月は「人権について考える強調月間」です~人権が尊重される長野県をめざして~

長野県(県民文化部)プレスリリース令和元年(2019年)6月24日

長野県では、一人ひとりの個性や多様性を尊重し、すべての人が互いに支え合いながら共に生きる「人権が尊重される長野県」をめざし、7月を「人権について考える強調月間」と定め、様々な啓発活動を実施します。

期間

令和元年7月1日(月曜日)から7月31日(水曜日)まで

イベント

人権啓発センター企画展「近現代における部落差別問題」

「部落差別の解消の推進に関する法律」をはじめ、現代の部落差別問題について考えます。

期間:6月29日(土曜日)~7月21日(日曜日)

場所:人権啓発センター(県立歴史館内)(千曲市屋代260-6)

「人権について考える強調月間」パネル展

県と長野美術専門学校が連携して作成した人権啓発ポスターの展示や、県内プロスポーツ組織との連携活動の紹介を行います。

期間:7月2日(火曜日)~7月8日(月曜日)

場所:MIDORI長野3階りんごのひろば(長野市)

企業人権セミナー「どうなる日本の『外国人労働者』受入れ政策」

筑波大学名誉教授・移民政策学会前会長井洋氏による講演会を実施します。

日程:7月31日(水曜日)13時30分~15時

場所:ホクト文化ホールホール(長野市若里1丁目1番3号)

テレビCM・ポスター・チラシによる啓発

県内プロスポーツ組織(信濃グランセローズ、松本山雅FC、AC長野パルセイロ、信州ブレイブウォリアーズ)との連携活動の一環として任命している人権大使を起用したテレビCMを放映します。

人権大使を起用したポスター・チラシを県・市町村関係機関のほか、県内公共交通機関(電車)の車内などに掲出します。

 

※それぞれの啓発活動の詳細については、別途プレスリリースを行います。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県民文化部人権・男女共同参画課

担当者名:(課長)直江崇(担当)横澤光恵

電話番号:026-235-7106

ファックス番号:026-235-7389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?