ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県職員募集案内 > 先輩からのメッセージ > 先輩からのメッセージ(行政 内山 雪菜)

ここから本文です。

更新日:2018年12月27日

 現在の業務内容

課内の庶務、経理や工事の入札事務を担当しています。
他にもプロジェクトチームに参加していたりと、様々な経験させていただいています。

県職員を志望した理由

 公務員は最後まで諦めてはいけない、諦めたらその問題を解決できる人はいなくなる。それってすごく尊い仕事だな、と思ったのが公務員を目指したきっかけです。
 公務員といってもいろいろな職種がありますから正直迷いました。ただ、長野県の最終面接のときに「いいね。これから若い人はどんどん自分の意見を言っていかないと」というお言葉をいただきました。こういう人が上司としている職場で働きたいと思いましたし、そういう組織風土にワクワクしたのが決め手です。

 

仕事をするうえで大事にしていること

 「何のためにこの仕事をするのか」を忘れないように心がけています。上司からいただいた言葉です。何のために、どうしてこの仕事をするのか、ということを意識していれば、問題点も見えてきますし、先の見通しを立てることも出来ます。
 最近は様々な分野で変化が著しく、今までは最適だったことが今は違うということがほとんどだと思います。いま、長野県に求められている役割は何なのか、ということをじっくり考える意味でも大切にしていきたい言葉だと思っています。

職場のワークライフバランスについて感じていること

 バランスはいいと思います。定時退庁もしていますし、お休みについても周囲はどんどん取れ!というスタンスなので(笑)、とても休みやすいです。
 また、私はまだ利用したことがないのですが、最近ではテレワーク(在宅勤務やサテライトオフィス勤務)や時差勤務も盛んに進められており、この先自分のライフスタイルが変わったとしても働き続けられるイメージが出来ます。

自分の長所、それが仕事に活かされたこと

 長所は言い過ぎかもしれませんが、人と話すことが好きです。県の職員は内外関わらずいろいろな人と出会います。職場の人には分からないこと、相談に乗ってほしいことをたくさん話します。一口に県の職員といっても業種は本当に多様ですから、時には自分の職務上の立場から、時には個人の考えとしていろいろなことを教えてくださいます。
 業務をこなしていくうえで本当にいろいろな方に支えられており、人とのつながりは本当に大切だと実感しています。

受験者へのメッセージ

 いろいろなことを考えなくてはならず、不安になったり自信をなくすこともあると思います。ただ、今が一番「今までの自分」と「未来の自分」を考えることができる時期でもあります。たくさんの人と出会い、いろいろな話をしてみてください。自分がなりたい姿や自分の軸が見えてくるはずです。
 つらいこともたくさんあると思いますが、今しか考えられないこと、今しかできないことをにどんどん挑戦してくださいね。 
 応援しています!

 

 

お問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局

電話番号:026-235-7465

ファックス:026-235-7492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)