ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県職員募集案内 > 先輩からのメッセージ > 先輩からのメッセージ(獣医師 大泉卓也)

ここから本文です。

更新日:2018年12月27日

現在の業務内容

 家畜伝染病予防法に基づく検査と防疫対策の指導、豚コレラ・高病原性鳥インフルエンザ対策、疾病の原因究明のための病性鑑定などです。

県職員を志望した理由

 肉眼ではわからない疾病の原因が、顕微鏡越しに組織や細胞を観察することで明らかになることに興味を感じ、大学では獣医病理学の研究室に所属していました。
 家畜伝染病の拡大は、畜産物を生産する農家や畜産物の消費者へ大きな影響を与えてしまいます。自分が大学で得た病理学の知識や技術が家畜の疾病の原因究明に寄与し、少しでも人の役に立つことができるのではないかと思い、県職員を志望しました。

仕事をするうえで大事にしていること

 自分が行う検査の結果によって、疾病の対策方針等が決まります。一つ間違えれば伝染病を拡大させてしまったり、農家の財産を奪うことにもつながるので、仕事は正確に丁寧に行うことを心がけています。
 また、検査結果を農家へ口頭や文章で伝えなければならないので、なるべく専門的な難しい言葉は使わずに簡潔な言葉を用いて理解してもらえるように心がけています。

県職員になってよかったと感じたこと

 新規採用の研修で違う職種の同期と知り合うことができ、週末に一緒にフットサルをしたり、ドライブに出かけたり楽しく過ごすことができました。また、病性鑑定課に配属された際には、専門的な知識を学ぶため国の主催する研修を受けることができ、その研修では全国から家畜保健衛生所の職員が集まるため、他県の仲間と知り合うことができました。
 違う職種や他県の職員と知り合うことができるのも県職員になってよかったと感じることの一つです。

プライベートの過ごし方

 家庭では子どもが2人いるので、休日には子どもを遊ばせに公園に行きます。北アルプスがきれいに見える広々した公園で子どもが楽しそうに遊ぶのを見るのも、よい気分転換になります。
 また、職場の友人と市民マラソンやトレイルランニングの大会に参加することもあります。走り終わった後は充実感でいっぱいですし、汗をかいて疲れた後に仲間と飲むビールの味は格別です。

受験者へのメッセージ

 国内での豚コレラや鳥インフルエンザの発生を受け、家畜保健衛生所の担う役割はより重要性を増しています。家畜保健衛生所は大学で学んだ知識を活かすことができる職場ですし、多くの人と関係を築き、協力し合って問題解決に取り組むことができ、とてもやりがいが感じられる職場だと思います。
 長野県の畜産をより良くするために、一緒に働けることを楽しみにしています。

 

お問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局

電話番号:026-235-7465

ファックス:026-235-7492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)