ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 長野県職員募集案内 > 先輩からのメッセージ > 先輩からのメッセージ(電気 柿本陸)

ここから本文です。

更新日:2018年3月27日

 

現在の業務内容

 長野県が管理している水力発電所の修繕・点検に関する設計書の作成及び現場監督などを行っています。

県職員を志望した理由

 生まれ育った長野県のために、学生時代に学んできたことを少しでも活かしたい・恩返しがしたいと思ったのが県職員を志望した1番の理由です。
 はじめは、地元市町村で働くことも考えましたが、学生時代に電気を専攻しており、電気の知識を活かしたい・水力発電所の仕事をやってみたい・生活に欠かすことのできない電気を作ることで県民のために貢献したいと思いが強かったため長野県の電気職を志望しました。

仕事をするうえで大事にしていること

 分からないこと、疑問に思ったことは上司に相談することを心がけています。私はまだまだ経験が少なく何をするにも知識が足りない状態です。だからといって担当工事の修繕箇所の仕様が違ったりすると大きな事故になることもあるので、相談し誤った指示をしない様にしています。また、相談したことを何度も聞かない様にメモをとったり、先輩職員と一緒に現場に同行し、経験・知識を早くつけれるように努力しています。

仕事のやりがいや楽しいと思ったこと

 担当した現場が無事しゅん工し、現場が通常どおり動作した時は、工事中に発生したことや苦労したことなどを思い出すと同時に達成感を味わうことができ、とてもやりがいのある仕事だなと感じます。
 また、書類作成などのデスクワークだけではなく、発電所の巡視・点検・見学対応や山頂にある送電線を巡視するなど身体を動かすことの好きな私としては楽しく仕事ができる環境です。

プライベートの過ごし方

 休日には身体を動かし、しっかり汗をかいて発散し、平日とのメリハリをつけて過ごすことを意識しています。
 小学校からサッカーを続けており、現在は、社会人チームに所属しながら、大会や地域のボランティア活動などに参加しています。仕事以外の人とも交流が増え、人脈も広がりました。
 サッカー以外にもスノーボードや釣りなどのアウトドアなことも行っており、毎日充実した生活を過ごしています。

受験者へのメッセージ

 現在の職場では、水力発電所の維持管理ということで、発電所の操作やダム放流といった他の職場では中々経験できないことを最前線に立って経験することができます。また、資格取得や研修、施工業者の方と接することで、学校では学べない技術的な部分も吸収でき技術者として成長することもできます。電気事業の他にも、水道事業・ダム管理など様々な分野も経験できることも大きな魅力です。
 熱意を持った皆様と一緒に働けることを楽しみにしております。

 

お問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局

電話番号:026-235-7465

ファックス:026-235-7492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)