ホーム > 飯田建設事務所 > 事業概要 > 主要事業 > 主要事業:リニア関連道路

ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

飯田建設事務所

主要事業:リニア関連道路

(国)153号
飯田市飯田北改良

本路線は、名古屋市から塩尻市に至る主要な広域幹線道路であるとともに、リニア中央新幹線長野県駅(仮称)へのアクセス道路としての役割を担う道路です。
当該区間は、現況2車線であるが慢性的な渋滞が発生しており、円滑な走行に支障が生じている状況です。
本事業により、渋滞の解消とリニア駅へのアクセスの確保を図ります。

飯田北改良航空写真

飯田北改良現況


長野県駅~座光寺SIC(仮称)の道路新設

飯田市上郷北条地区にリニア中央新幹線長野県駅(仮称)が設置されることとなり、中央自動車道においては座光寺PAにスマートインターチェンジの設置を飯田市が検討しているところです。
本事業により、高速道路とリニア中央新幹線を一体化させ、大都市圏との時間短縮効果等を広く県内に波及させることを図ります。

SICアクセス道路航空写真

 

(主)伊那生田飯田線
松川町宮ヶ瀬橋

本路線は、上伊那郡南部、下伊那郡北部の広域的な骨格道路であり、南信地域を南北に結ぶ幹線道路であるとともに、各地域を結ぶ生活道路です。
当該区間は、リニア中央新幹線工事の発生残土の運搬路に想定されているが、(一)天竜川を渡河する宮ヶ瀬橋は、昭和33年に架橋された老朽橋であり、幅員も狭く線形も不良であることから、安全性や円滑な交通に支障をきたしています。
本事業により、円滑な交通を確保するとともに、生活道路としての快適性、安全性の確保を図ります。

宮ヶ瀬橋

 

(主)松川インター大鹿線
中川村渡場~滝沢

本路線は、中央自動車道松川ICから中川村を経由し大鹿村まで、下伊那地域を東西に結ぶ幹線道路であるとともに、各地域を結ぶ生活道路です。
当該区間は、リニア中央新幹線工事の発生残土の運搬路に想定されているが、幅員も狭く線形も不良であることから、安全性や渋滞が懸念されています。一方で、落石も頻繁に発生することから、危険箇所の安全対策も求められています。
本事業により、危険箇所の解消とともに、生活道路としての快適性、安全性の確保を図ります。

渡場~滝沢

 

(一)市場桜町線
飯田市上郷

本路線は、飯田市中心市街地と近隣町村を結ぶ幹線道路であるとともに、リニア中央新幹線長野県駅(仮称)へのアクセス道路としての役割を担う道路です。
当該区間は、リニア中央新幹線長野県駅(仮称)の外周道路としての利用が想定されているが、幅員も狭く歩道も未整備であることから、安全性や渋滞が懸念されています。
本事業と飯田市の駅周辺整備により、利便性や快適性、安全性の確保とともに交通渋滞の緩和を図ります。

上郷

 

お問い合わせ

所属課室:長野県飯田建設事務所 

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-23-1111

ファックス番号:0265-24-5412

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?