ホーム > 北信保健福祉事務所 > 業務案内 > 食品の安全・安心 > 食中毒の分類 > その他の細菌

ここから本文です。

更新日:2017年11月14日

北信保健福祉事務所

その他の細菌

その他の食中毒細菌

セレウス菌

  • この細菌は、土壌、ほこり、水中など自然界に広く存在し、耐熱性の芽胞を作ることから、チャーハン、スパゲッティなどで前日調理したものなどを使用することが原因となります。
  • 嘔吐型・・吐き気、嘔吐、腹痛
  • 下痢型・・下痢、腹痛

 

エルシニア・エンテロコリチカ

  • この細菌は、豚、犬、猫などの腸管や自然環境中に分布し、また、0~4℃でも発育できることから、冷蔵庫の保存中の食品でも増殖し、食中毒を起こします。
  • 《症状》腹痛、下痢、発熱、発疹

 

ナグビブリオ

  • この細菌は、コレラ菌と同じ水生菌で、菌の形状もコレラ菌に似ています。本菌は、魚介類などに付着し、これらを介して食中毒を起こします。
  • 《症状》嘔吐、腹痛、下痢、発熱

 

ビブリオ・ミミクス

  • この細菌は、塩分濃度が6%以下で増殖できるため、淡水や海水に存在しています。
  • 本菌は、コレラ菌と間違えやすい細菌で、魚介類を介して食中毒を起こします。
  • 《症状》嘔吐、腹痛、下痢、発熱

 

ビブリオ・フルビアリス

  • この細菌は、腸炎ビブリオに似て塩分(約3%)を好む細菌で、沿岸海水中に広く存在し、魚介類を介して食中毒を起こします。本菌による食中毒では、腸炎ビブリオなどと混合感染します。
  • 《症状》嘔吐、腹痛、下痢

 

プレシオモナス・シゲロイデス

  • この細菌は、淡水中に常在する細菌で、淡水魚、貝、両生類、は虫類などに広く存在し魚介類や飲料水を介して食中毒を起こします。
  • 《症状》腹痛、下痢、発熱、頭痛

 

エロモナス・ヒドロフィア、エロモナス・ソブリア

  • この細菌は、淡水中に常在する細菌ですが、沿岸海域にも存在するため、海産魚介類からも本菌が検出されています。患者は成人より乳幼児に多くみられます。
  • 《症状》嘔吐、腹痛、下痢

お問い合わせ

所属課室:長野県北信保健福祉事務所 

長野県飯山市大字静間字町尻1340-1

電話番号:0269-62-3106

ファックス番号:0269-62-6036

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?