ホーム > 北アルプス地域振興局 > 組織概要 > 農地整備課 > 小水力発電(大町新堰発電所)

ここから本文です。

更新日:2018年4月13日

北アルプス地域振興局

小水力発電(大町新堰発電所)

1.経過

東京電力株式会社が黒部立山アルペンルート沿いを流れる農業用水「大町新堰」の落差を利用して約2.5kmの既設水路の中に圧力管を埋設し、水路の高低差を利用した小水力発電を行っています。
同社は、CO2削減の取り組みの一環として小水力発電所の開発にも取り組んでいた中で、平成18年から当発電所の概略調査を始め、約6年の歳月を経て完成しました。

 

2.概要

発電所は平成22年12月に工事着手し、平成24年5月に完成して稼動しています。
発電した電力は主に首都圏へ送られ、一般家庭に換算して約1,700軒分の電力を賄っています。これにより、一般家庭約420軒の年間CO2排出量に相当する、約2,100トンのCO2が一年間で削減されます。
水車の型式はペルトン水車で、4箇所から噴射した高圧水が水車を廻しています。流量が少ない場合は、2箇所からの噴射となります
別荘地に隣接しているため、建物の壁厚や消音装置等、騒音にも配慮して建設されています。

大町新堰発電所

発電所の概要

名称

大町新堰発電所

所在地

大町市平

運転開始

平成24年5月

最大出力

1000kW

有効落差

114m

使用水量

1.12立方メートル/s

水車型式

ペルトン水車

農業用水路名

大町新堰

電力供給先

主に首都圏への電力供給

設置管理者

東京電力株式会社

 

水利使用者

(連絡先)

 

東京電力株式会社松本電力所

0263-33-0220

お問い合わせ

所属課室:長野県北アルプス地域振興局農地整備課

長野県大町市大町1058-2

電話番号:0261-23-6513

ファックス番号:0261-23-6518

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?