ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 精神保健 > 看護職員認知症対応力向上研修について

ここから本文です。

更新日:2020年8月17日

看護職員認知症対応力向上研修について

看護職員認知症対応力向上研修とは

 認知症の人と接する機会が多い看護職員が、認知症に関する基本知識、個々の認知症の特徴等に対する実践的な対応力、マネジメントの対応方法及び教育技能を習得し、自施設の看護職員に伝達をすることで、医療機関内での認知症ケアの適切な実施とマネジメント体制の構築を目的とした厚生労働省の認知症地域医療支援事業による研修です。
◎この研修を修了した医療従事者の在籍する医療機関で、ご了解をいただいた医療機関につきましては、県のホームページ等で紹介をさせていただきます。

令和2年度の研修について

 県内の新型コロナウイルス感染症の発生状況を鑑み、令和2年度の研修は開催中止といたします。

令和元年度の研修内容(参考)

2019年度研修のご案内(PDF:288KB)
2019年度研修日程(プログラム)(PDF:143KB)
申込書(ワード:54KB)

研修を修了された方々が在籍する医療機関の一覧です

研修修了者在籍医療機関一覧(R1.7)(PDF:117KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7109

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?