ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 精神保健 > 若年性認知症について

ここから本文です。

更新日:2017年12月22日

若年性認知症について

認知症は高齢者だけの病気ではありません。不安があったら相談してみてください。

認知症は高齢者に多い病気ですが、年齢が若くても発症することがあり、65歳未満で発症した場合は「若年性認知症」とされます。
医学的には高齢者の認知症と同じですが、本人や配偶者が現役世代のため、就労や生活費、子どもの教育費等の経済的な問題が生じるとともに、主な介護者になる配偶者にとっては、親の介護が重なり、複数介護になる等の特徴があります。
若年性認知症ではないかとの心配があるご本人、ご家族、職場等からのご相談に応じますので、まずはお電話ください。                                                                                     若年性認知症支援コーディネーターが、若年性認知症の方、お一人おひとりの状態に応じた適切な支援がうけられるよう、必要な支援制度やサービス等のご紹介、関係機関との連絡調整等の支援をします。 

若年性認知症(認知症)についての相談窓口 ※相談内容は秘密を厳守します。

名称

電話番号

受付時間

若年性認知症コールセンター

  

長野県がNPO法人長野県宅老所・  

グループホーム連絡会に委託しています。

0268-23-7830

  • 相談は無料です
  • 通話料はかかります

月、水、金曜日の
午後1時から8時

(祝日も受付、
年末年始を除く)

 

その他の主な認知症の相談窓口

名称

電話番号

受付時間

備考

認知症の人と家族の会 
長野県支部

026-293-0379

午前9時から午前12時
(月曜から金曜日)

認知症(若年性認知症を含む)の人の介護をしている仲間と情報交換や介護の相談をしたい

市町村の相談窓口

お住まいの市町村の高齢者福祉担当

または障がい者福祉担当窓口

認知症(若年性認知症を含む)に関する市町村のサービス等の利用について知りたい

若年性認知症コールセンター

 

0800-100-2707

  • 通話料無料
月から土曜日の
午前10時から午後3時
(日曜、祝日、年末年始を除く)
厚生労働省が設置する若年性認知症に関する専門の電話相談

 

相談窓口案内チラシ (PDF:252KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7141

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?