ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 風しん

ここから本文です。

更新日:2018年11月7日

風しんについて

長野県内の発生状況は次のファイルまたは長野県感染症情報をご覧ください。

風しんの発生状況について(2018年11月4日現在)(PDF:83KB)

風しんの発生状況について(2018年10月7日現在)(PDF:79KB)

風しんの発生状況について(2018年9月30日現在)(PDF:64KB)

風しんの発生状況について(2018年9月23日現在)(PDF:63KB)

風しん患者が増加しています(2018年9月9日現在)(PDF:63KB)

風しんとは

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の感染症で、一般的には「三日はしか」とも呼ばれています。

風しんウイルスの感染経路は飛沫感染で、ヒトからヒトへ伝播します。

感染から14~21日(平均16~18日)の潜伏期間の後、発熱、発疹、リンパ節腫脹(耳介後部、後頭部、頚部等)が出現しますが、発熱は風しん患者の約半数にみられる程度です。また、不顕性感染(ウイルスに感染しても明らかな症状が出ないこと)が15~30%程度いるといわれています。

基本的には予後良好な疾患ですが、高熱が持続したり、血小板減少性紫斑病、急性脳炎などの合併症を伴うことがあり、注意が必要です。

また、風しんに感受性のある妊娠20週頃までの妊婦が風しんウイルスに感染すると、風しんウイルスが胎児に及び、出生児に先天異常を含む様々な症状を呈する先天性風しん症候群(CRS)が出現する場合があります。

 

先天性風しん症候群(CRS)とは

風しんに免疫のない女性が妊娠初期に風しんに罹患すると、風しんウイルスが胎児に感染して、出生時に先天性風しん症候群(CRS)と総称される障がいを引き起こすことがあります。

先天性心疾患、難聴、白内障などが主な症状です。このうち、先天性心疾患と白内障は妊娠初期3か月以内の母親の感染で発生しますが、難聴は初期3か月のみならず、その後の3か月の感染でも出現します。

その他、網膜症、肝脾腫、血小板減少、糖尿病、発育遅滞、精神発達遅滞、小眼球などの症状が現れる場合があります。

 

風しんの予防策

風しんの効果的な予防方法は、ワクチンの接種です

風しんの予防は、麻しん(はしか)と同様、予防接種で防げる病気であり、個人でできる有効な予防方法です。予防接種法による定期接種の対象の方(第1期は1歳児、第2期は小学校就学前1年間)は、早めに確実に受けましょう。詳しくは市町村にお問い合わせください。

その他の方は、医療機関で任意接種(費用は自己負担)として接種することができます。

特に、次の方のうち、明らかに風しんにかかったことのある方、風しんの予防接種を受けたことがある方又は風しんに対する抗体が陽性であると確認できる方以外については、任意で予防接種を受けることについて検討しましょう。

  • 30歳代から50歳代の男性
  • 妊婦への感染を防ぐため、特に妊婦の配偶者、子どもおよびその他同居家族、10歳代後半から40歳代の女性(特に妊娠希望者や妊娠する可能性の高い方)

 

長野県内の任意予防接種実施機関は「ながの医療情報ネット」(外部サイト)に掲載されていますのでご覧ください。

 

予防接種のさらに詳しい情報は国立感染症研究所感染症疫学センター予防接種のページへ(外部サイト)

風しんの発生状況は「長野県感染症情報」のページへ

風しん抗体検査事業

 

風しん抗体検査を受けませんか(チラシ 保健所連絡先、検査の流れ等を記載しています)

県内の保健所(保健福祉事務所)で、風しんの抗体検査を無料で受けることができます。

 

対象者

  1. 妊娠を希望する女性
  2. 風しん抗体価の低い妊婦等の配偶者、同居家族
  • ここでいう「風しん抗体価が低い」とは、HI法で16倍以下、又はEIA法で8.0未満または国際単位30IU/ml未満(風しんIgG測定キットを使用した場合の基準)を指します

 

ただし、次の方は対象になりません。

  1. 風しんの抗体価検査を受けたことがある方(妊婦健診時に受けている場合があります)
  2. 風しんの予防接種を受けたことがある方
  3. 風しんにかかったことがある方

 

実施場所

実施日時は各保健福祉事務所(保健所)にお問い合わせください。また、予約が必要ですので、必ず事前にご連絡ください。

検査費用

無料

 

症状のある方は

風しんの症状(発熱、発疹、リンパ節腫脹など)がみられる場合は、必ず事前に医療機関に連絡の上、速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲の方へ感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。

医師の皆様へ

感染症法に基づき、風しん、麻しんを診断した医師は、全て最寄りの保健所へ届出いただくこととなっております。
診断した場合は直ちに届出てください。

届出基準・届出票はこちら(厚生労働省ホームページ)→麻しん(外部サイト)風しん(外部サイト)

併せて、遺伝子検査用の検体確保についても御協力をお願いします。

 

関連情報(リンク)

国立感染症研究所感染症疫学センター「風しんについて」(外部サイト)

長野県感染症情報

長野県感染症流行予測調査

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7148

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?