ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 正しいマスクの着用方法について

ここから本文です。

更新日:2020年2月3日

正しいマスクの着用方法について  

1 不織布(ふしょくふ)製マスクを推奨します

  • 日常生活において使用する家庭用マスクには、不織布製マスクとガーゼ(綿)マスクの2種類があります。

  • 家庭用マスクとしては、ガーゼマスクではなく、フィルター効果の高い不織布製マスクの使用を推奨します。

  • なお、N95マスクは患者を診察する医師などの医療従事者向けです。専門的知識とフィットテストなどの事前準備が必要 であり、装着すると呼吸が苦しくなることから、一般の方には不向きです。


 

 鼻の形に 針金を合わせて着用してください

  • インフルエンザの感染を防ぐためには、鼻と口の両方を同時に覆うことが重要です。

  • しかし、普通にマスクを着用しただけでは、鼻の両脇部分に隙間が空いてしまい、フィルター効果が半減してしまいます。

  • 不織布マスクの中には針金が入っており、自分の鼻の形に合わせて針金を折り曲げて着用してください。

  • マスクを鼻にきちんと当てて、隙間が生じないように針金を折り曲げてください。

 


 

3 あごを包むように、下まで掛けてください

  • 不織布マスクは波状になっており、上下に引き伸ばすことができます。

  • 鼻あてを片手で押さえながら、あごを包むように、マスクを下まで伸ばしてください。

  • マスクの両脇を指で押さえて、肌に密着させてください。

  • なお、マスクのゴムバンドが長すぎて、着用したときに両側に隙間ができてしまうときは、ゴムバンドの途中をしばるなどして、顔にフィットさせるようにしてください。


 

4  不適切なマスクの着用例

  • 鼻を覆わないでいると、マスクの効果が半減します。

  • きちんと鼻までマスクをし、肌に密着させてください。


 

5  正しいマスクの使い方

  • 不織布製マスクは原則使い捨てであり、1日1枚程度を目安に使用してください。

  • また、マスク表面(外側)にはウイルスが付着している可能性があるので、使用中はあまり触らないようにしてください。また、外すときもなるべく表面には触らないようにしてください。

 


 

6  使い終わったマスクの廃棄方法

  • 使いおわった後は、表面(外側)に触れないようにビニール袋に入れ、口を閉じて廃棄してください。

  • マスクを廃棄した後には、手や指にウイルスが付いている可能性もあるので、すぐに手洗いや消毒用アルコール製剤による消毒を行ってください。

お問い合わせ

健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7148

ファックス:026-235-7170

javascript:

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?