ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)3月プレスリリース資料 > 新型コロナウイルスの検査体制整備の一環として検査検体を送付するための包装責任者研修会を開催します

ここから本文です。

更新日:2020年3月12日

新型コロナウイルスの検査体制整備の一環として検査検体を送付するための包装責任者研修会を開催します

長野県(健康福祉部)プレスリリース令和2年(2020年)3月12日

新型コロナウイルスのPCR検査が保険適用となり、今後は当該検査のための検体を医療機関から民間検査機関等へ輸送することとなります。
医療機関職員に対して検体を安全に輸送するための方法を習得していただくため、標記研修会を開催します。

日時・場所

 

会場 日時 場所
長野

3月13日金曜日

18時から20時まで

長野市保健所2階会議室

(長野市若里6丁目6-1)

松本

3月14日土曜日

14時から16時まで

松本合同庁舎2階測定室
(松本市大字島立1,020)

 

研修内容

  1. 検体を送付する際の留意事項(講義)
  2. 検体の包装実習

参加対象者

帰国者・接触者外来を設置する医療機関等の職員(各会場40名程度)

講師

県環境保全研究所職員、県・市保健所職員、健康福祉部職員

その他

この研修会の取材対応は長野会場の19時から30分間のみとさせていただきます。

あらかじめご了承ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健・疾病対策課

担当者名:(課長)德本史郎(担当)唐木英司 小林広記

電話番号:026-235-7148

ファックス番号:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?