ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和元年(2019年)10月プレスリリース資料 > 麻しん(はしか)感染拡大防止に関するお知らせ

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

麻しん(はしか)感染拡大防止に関するお知らせ

長野県(健康福祉部保健・疾病対策課)プレスリリース令和元年(2019年)10月1日

 

9月末までに、県内で6例の麻しん(はしか)患者発生の届出があり、うち3例は9月に発生しています。全国的にも今年は693例(9月22日現在)が報告されており、平成22年以降、最も多い報告件数となっています。これまで以上に注意が必要ですので県民の皆様へお知らせいたします。

最近10年の発生状況

H22

H23

H24

H25

H26

H27

H28

H29

H30

H31/R1

全国

447

439

283

229

462

35

165

187

279

693

長野県

4

1

0

0

1

0

1

4

1

6

 

 

 

 

※H31/R1の全国は9月22日までの速報値

最近報告のあった2例(須坂市、長野市に勤務・居住)については9月下旬に発生しており、今後、接触者の方が発症する可能性があります。

なお、濃厚接触者については保健所で健康観察を実施し、感染防止に努めています。

 

注意点

海外渡航歴がない方も、国内で麻しん患者さんと接触することで感染します。

麻しんは感染力が高く、麻しんに免疫がない方が感染すると、ほぼ100%発症します。

麻しんは、発症する1日前から感染性があるため、麻しんに免疫のない方は公共の場所等で気付かないうちに麻しんに感染している可能性があります。

 

予防のためには

母子手帳などを確認し、り患歴やワクチン接種歴を確認しましょう。麻しんに罹ったことがなく、ワクチン接種歴がない方は感染するリスクが高いです。確認できない方は、ワクチン接種を検討してください。

 

感染が疑われる場合は

症状から「麻しん(はしか)」が疑われる場合、必ず事前に医療機関に連絡の上、速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲の方へ感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。心配なこと等ありましたら、最寄りの保健所にご連絡ください。

麻しん(はしか)の詳細については、「麻しん(はしか)にご注意!」のページも併せてご覧ください。

 

【参考】長野市(保健福祉部)プレスリリース「長野市内で麻しん(はしか)患者の届出が3件ありました」(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健・疾病対策課

担当者名:(課長)徳本史郎(担当)唐木英司、笠原ひとみ

電話番号:026-235-7148

ファックス番号:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?