ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成31年(2019年)5月プレスリリース資料 > 麻しん(はしか)に関する注意情報

ここから本文です。

更新日:2019年5月15日

麻しん(はしか)に関する注意情報

長野県(健康福祉部保健・疾病対策課)プレスリリース令和元年(2019年)5月15日

 

5月15日、群馬県健康福祉部から来日外国人の麻しん患者来県の情報提供があり、周囲へ感染させる可能性のある期間に、県内の施設を利用しており、不特定多数の方と接触している可能性があることが判明しましたのでお知らせします。

患者の概要等

患者の概要

30歳代 男性 外国籍

(5月9日(木曜日)頭痛、発しん出現)

 

不特定多数の方と接触した可能性がある日時・施設名

5月8日(水曜日)10時~13時30分 軽井沢プリンスショッピングプラザ(北佐久郡軽井沢町軽井沢)

※ウイルスは環境中では2時間までで感染力がなくなります

 

この時間帯に施設を利用された皆様へ

症状から「麻しん(はしか)」が疑われる場合、必ず事前に医療機関に連絡の上、速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲の方へ感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。心配なこと等ありましたら、最寄りの保健所にご連絡ください。

 

その他

この情報以外の情報については、群馬県庁の発表資料を参照願います。

群馬県庁ホームページ「麻しんに関する注意情報」(別ウィンドウで外部サイトが開きます)

 

麻しんの症状等

ウイルスに感染すると無症状の時期(約10日~12日)を経た後、発熱、せき、鼻水、結膜充血等で始まり、頬の内側の粘膜に灰白色の小斑点(コプリック斑)が現れます。その後、赤い小さな斑状発疹が、耳の後ろ、顔面から出始め次第に下方へと広がります。

麻しん(はしか)の詳細については、「麻しん(はしか)にご注意!」のページも併せてご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健・疾病対策課

担当者名:(課長)徳本史郎(担当)唐木英司、笠原ひとみ

電話番号:026-235-7148

ファックス番号:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?