ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 「SOSの出し方に関する教育」のモデル授業を上田市立第六中学校で実施します

ここから本文です。

更新日:2018年10月18日

「SOSの出し方に関する教育」のモデル授業を上田市立第六中学校で実施します

長野県(健康福祉部・教育委員会)プレスリリース平成30年(2018年)10月18日

県内の約8割の中学生が、勉強、進路、部活、友だち関係など、様々な悩みを抱えており、半数以上が相談相手として「友だち」を挙げています。

こうした現状を踏まえ、中学生が一人で悩みを抱え込まず、信頼できる人にSOSを発信できるようにするとともに、友だちのSOSの受け止め方などを学んでもらうため、「SOSの出し方に関する教育」のモデル授業を実施します。 

1 日時

平成30年10月25日(木曜日)午後1時40分から午後2時30分まで

2 場所

上田市立第六中学校 体育館

3 対象

中学校2年生 約150人(一般の方の来場は御遠慮ください。)

4 講師

長野県健康福祉部保健・疾病対策課 保健師 掛川真由美

5 内容

ストレスに適切に対処するためのセルフケアの方法

信頼できる人に助けを求める方法(SOSの出し方)

友達の悩みを受け止め、信頼できる大人につなげる方法 等

「SOSの出し方に関する教育」の展開予定

2022年までに、公立中学校における「SOSの出し方に関する教育」の実施率100%の達成に向け、今年度は希望のあった中学校6校をモデル校として、モデル授業を実施し、その内容を検証した上で、順次全県に展開する予定です。

 

しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 健康福祉部保健・疾病対策課心の健康支援係
担当者 (課長)西垣明子(担当)藤木秀明、柳澤耕輔
電話

026-235-7109(直通)

026-235-0111(代表)(内線2663)

ファックス 026-235-7170
メール hoken-shippei@pref.nagano.lg.jp
担当部署 教育委員会事務局心の支援課生徒指導係
担当者 (課長)小松容(担当)滝澤崇
電話

026-235-7436(直通)

026-232-0111(代表)(内線4417)

ファックス 026-235-7484
メール kokoro@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7141

ファックス番号:026-235-7170

所属課室:教育委員会事務局心の支援課

電話番号:026-235-7450

ファックス番号:026-235-7484

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?