ホーム > 暮らし・環境 > ごみ・リサイクル > 資源循環・3R > 食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~ > 応援メッセージ・アイデア募集の結果発表!

ここから本文です。

更新日:2018年1月16日

応援メッセージ・アイデア募集の結果発表!

応援メッセージとアイデアの入賞作品を発表します

「食べ残しを減らそう県民運動」の家庭や学校での取組を推進するため、県民運動への応援メッセージや家庭での食べ残しを減らすためのアイデアを募集しました。

日頃感じている、食べ物を大切にする思いや感謝の気持ちのこもった作品を多数ご応募いただきありがとうございました。

募集の概要

募集期間

平成23年1月~2月

募集内容

応援メッセージ部門

テーマに沿った、食べ物をむだにしないための思いや気持ちを、メッセージ40字以内で表現。
形式は、絵手紙、標語、俳句、川柳など自由。

  1. 小学生の部・中学生の部のテーマ:「給食」「家族とごはん」
  2. 一般の部(高校生以上)のテーマ:「宴会」「仲間とごはん」「家族とごはん」

わたしのアイデア部門

食べ物をむだにしないために家庭でできる工夫や料理レシピなどのアイデアを募集。

テーマ:「買物で工夫」「冷蔵庫の整理で工夫」「食材の保存方法で工夫」

「食材の使いきりで工夫」「残り物の再調理で工夫」

応募総数

総数496点

応援メッセージ部門:458点(小学生の部77点、中学生の部285点、一般の部96点)

わたしのアイデア部門:38点

入賞作品(各部門・区分5点ずつ)(敬称略)

応援メッセージ部門

小学生の部

最後まで おいしく食べて 感謝する

熊谷 夏美

辰野町立辰野西小学校6年

最後まで 残さず食べて 感謝する

桑澤 瑠華

辰野町立辰野西小学校6年

食べ残し おいしい料理も ごみになる

相馬 剛太

佐久穂町 小学4年

たべのこし たべものたちが ないている

宮下 智帆

塩尻市 小学4年

ただきますこさず食べよういさな命も、生き物のために感謝をして(注1)(PDF:138KB)

内山 結衣

岡谷市立神明小学校5年

 

中学生の部

「もういらない」
 そのまま残して いいのかな?

河西 優衣

松本市立開成中学校1年

もったいない 食べるよろこび 考えよう

加賀 颯

松本市立開成中学校1年

STOP!食べ残し!!~食べ物になった動物・植物の命が無駄にならないように・・・~

中島 美咲

松本市立開成中学校3年

いのちをいただき今日がある

残さず食べれば感謝ある。

阿部 倫太郎

松本市立清水中学校2年

忘れない 命をいただくありがたさ
 絶対なくなる食べ残し

早川 実穂

松本市立清水中学校2年

 

一般の部

”命をもらったお返しに 野菜もお肉もお魚も
 残さず食べよう”我が家のモットー

大畑 杉子

上松町

残ったら 地球を守るエコ料理 
 家族も納得 舌つづみ (注2)(PDF:138KB)

赤沢 房子

塩尻市

残り物 工夫をすれば 新メニュー

松山 大介

下高井農林高等学校

食物の 感謝の気持ち忘れずに
 一つ残さず 家族と食べる

樋口 圭佑

犀峡高等学校

仲良く食べ、食べ残しを無くし、環境を守ろう!!

森川 翔

犀峡高等学校

(注1)イラストあり
(注2)作品は絵手紙

 

私のアイデア部門

作品の内容は作品一覧(PDF:227KB)をご覧ください。

タイトル

氏名 住所・学校名
冷蔵庫、食材よみがえる保管庫じゃないぞ!

国津 かおり

中野市

買物の工夫で冷蔵庫の整理

栗林 光

下高井農林高等学校

大根の葉のふりかけ

青木 李奈

下高井農林高等学校

カレーの鍋は洗わないで!

林 美恵子

安曇野市

肉じゃがの二次活用

草間 栄二

佐久市

作品の使用等について

  • 応募作品の著作権は長野県に帰属するものとします。
  • 入賞作品は、信州「エコ・クッキング」ハンドブックへの掲載など、食べ残しを減らそう県民運動の普及啓発に使用させていただきます。 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部資源循環推進課

電話番号:026-235-7181

ファックス:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?