ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成31年(2019年)5月プレスリリース資料 > 「信州プラスチックスマート運動」を実施します! ~プラスチックと賢く付き合いましょう~

ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

「信州プラスチックスマート運動」を実施します!                   ~プラスチックと賢く付き合いましょう~

長野県(環境部)プレスリリース令和元年(2019年)5月17日

 海を漂うプラスチックごみは、海洋生物による誤食のほか、マイクロプラスチックとなり生態系に影響を及ぼすことが世界的な問題となっています。

 海洋プラスチックごみの7割は陸域から発生すると言われており、太平洋・日本海に流れ込む河川を有する上流県である本県にとっても、決して他人事ではありません。

 来月、軽井沢町で開催されるG20関係閣僚会合を契機とし、環境に配慮した『長野県版エシカル消費』として、プラスチックと賢く付き合う「信州プラスチックスマート運動」の取組みを推進し、“ごみ減量日本一”の継続と、美しく「環境にやさしい長野県 」を目指していきます。

県民の皆様へ 次の3つのCを意識した行動をお願いします 

Choice   チョイス  意識して「選択」

◇ 何気なくストローを受け取っていますが、少し考えていらなければ断る

Change  チェンジ  少しずつ「転換」

◇ シャンプーや洗剤などは、詰め替え用のものを選ぶ

Collect    コレクト  分別して「回収」

◇ 必要なプラスチックは使ってもいいんです でも、使い終わったらお住まいの市町村のルールに従い分けて回収へ

 これらの行動が環境に配慮したエシカル消費です   

 

○ 事業者の皆様へは、以下の取組をお願いします。 

  ①お客様への声掛け「レジ袋はご入用ですか」「ストローはお使いになりますか」

  ②信州プラスチックスマート協力店への登録

※ 県民1人ひとりが取り組むことで・・・・

  ・ごみ減量日本一である、1人1日当たりごみ排出量 817gから目標の795gへ

  ・個々の小さな行動の積み重ねが、世界的な問題解決につながります。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境部資源循環推進課

担当者名:(課長)伊東和徳(担当)久保田康子 篠原哲郎

電話番号:026-235-7181

ファックス番号:026-235-7259

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?