ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 畜産 > 家畜排せつ物の発生量等に関する記録(農家における記録様式)

ここから本文です。

更新日:2013年8月30日

家畜排せつ物の発生量等に関する記録(農家における記録様式)

平成14年11月1日から、法律により「家畜排せつ物の年間の発生量、処理方法及び処理の方法別の数量」について、毎年記録することが義務づけられていますので、畜産農家の皆さんの経営期間の実態にあわせ、記録簿を整備してください。
なお、記録に当たっては、法の趣旨に即し年次ごとに経営期間が終了した日以降、できるだけ速やかにその実績を推計して記録いただきますよう、お願いします。

次のリンクから、畜種別の記録簿様式へジャンプできます。(PDF形式)
 

1.乳用牛
2.肉用牛
3.養豚
4.採卵鶏
5.ブロイラー(PDF:45KB)
6.

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部園芸畜産課

電話番号:026-235-7227

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?