ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和3年(2021年)10月プレスリリース資料 > 「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」日本代表として健闘された戸枝忠孝シェフが知事を表敬訪問します

ここから本文です。

更新日:2021年10月15日

「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」日本代表として健闘された戸枝忠孝シェフが知事を表敬訪問します

長野県(産業労働部)プレスリリース令和3年(2021年)10月15日

「第18回ボキューズ・ドール国際料理コンクール」に日本代表として出場し、健闘された戸枝忠孝シェフが阿部知事を表敬訪問し、大会結果の報告及び信州の“食”について懇談を行います。

日時

令和3年10月22日(金曜日) 14時30分から15時00分まで

会場

県庁本館3階 特別応接室

訪問者

  • 戸枝忠孝 氏(「Restaurant TOEDA」オーナーシェフ)
  • 菊池博文 氏(「H3 Food Design」代表 /「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」戸枝シェフマネージャー) 

留意事項

  • 公開は冒頭の大会の報告までとなります。終了後、営業局職員より懇談の概要について、説明を行う予定です。
  • 取材にあたっては、距離の確保、マスクの着用など感染対策の徹底をお願いします。

その他

「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」について

1987年に“現代フランス料理の父”と称されるポール・ボキューズにより創設されたフランス料理コンクール。2年に1度開催される世界最大級の食の見本市「SIRAH」最終日を飾るプログラムで、国対国で競うコンクールのため、「美食のワールドカップ」とも称される。2度の延期(約8か月)を経て、2021年大会が開催された。

  • 日程:2021年9月26日(日曜日)・27日(月曜日)
  • 結果:1位 フランス、2位 デンマーク、3位 ノルウェー
    ※地域予選を経て、フランス本戦には21か国が参加(日本は9位)

戸枝忠孝氏プロフィール

滋賀県大津市出身。22歳で渡仏し「ジャンポール・ジュネ」、「ジョルジュ・ブラン」等の名店で研鑽を積む。帰国後、大阪、東京を経て、2007年に「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」の初代料理長就任を契機に軽井沢に移住。2011年に軽井沢にて「Restaurant TOEDA」をオープン。2021年9月、「第18回ボキューズ・ドール国際料理コンクール」に日本代表として出場し21か国中9位の成績をおさめた。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:営業局 

担当者名:(次長)風間 真二 (担当)内田 哲也、小池 綾菜

電話番号:026-235-7248

ファックス番号:026-235-7256

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?