ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 令和2年(2020年)12月プレスリリース資料 > 「新型コロナウイルス感染症対策長野県民手帳」の“アプリ版”が完成しました(行動記録アプリ「どこキャッチ」)

ここから本文です。

更新日:2020年12月28日

「新型コロナウイルス感染症対策長野県民手帳」の“アプリ版”が完成しました(行動記録アプリ「どこキャッチ」)

長野県(産業労働部)プレスリリース令和2年(2020年)12月28日

システム開発企業の株式会社パスカル(佐久市代表取締役井上隆)が開発し運用する行動履歴管理アプリ「どこキャッチ」が、長野県との連携によりバージョンアップし、「新型コロナウイルス感染症対策長野県民手帳」の“アプリ版”として活用できるようになりました。

iOS(iPhone)における操作不具合の解消について

iOS(iPhone)において発生していた

  • 初期設定でパスワード登録が出来ない
  • Safari以外のウェブブラウザをデフォルトに設定している場合にリンクが開けない

以上の不具合2点が解消されました。

iOS(iPhone)をご使用中の方は、お手数ですが、アプリをアップデートまたは再インストールしていただきご利用いただきますようお願いします。

上記を含め、どこキャッチの設定や操作等に関する内容については、(株)パスカルへ直接お問い合わせをお願いいたします。


「どこキャッチ」に関する問い合わせは、次の電話またはウェブサイトにお願いします。

株式会社パスカル

「どこキャッチ」とは

  • 株式会社パスカルが開発し、県の「信州ベンチャー企業優先発注事業:新型コロナ特別対応型商品」として認定された行動履歴管理アプリです。
  • スマートフォンのGPS(衛星利用測位システム)機能を活用して、自身の移動したルートをGoogleMapの地図上に線で表示します。
  • 更に、15分以上滞在した場所を特定でき、行動内容のメモや写真も併せて記録可能。
  • 2週間分の記録を保存。自身の記憶だけに頼らず行動履歴管理が可能。

県との連携により拡充された機能

「新型コロナウイルス感染症対策長野県民手帳」をベースに、以下の3つの機能がスマートフォンで利用可能となりました。

行動履歴および体調記録機能

行動経路および15分以上滞在した場所の履歴が残るほか、アイコンやメモなどで行動内容や体調の記録が可能となりました。

新型コロナウイルス感染症対策長野県民手帳【ウェブ版】リンク機能

アプリを介して簡単にコロナ対策手帳の情報が、閲覧できるようになりました。

情報通知機能

重要なメッセージやコロナ対策手帳の更新内容などのお知らせが、受け取れるようになりました。

その他

  • 利用料は無料です。
  • 個人情報の管理及びシステム運用については、株式会社パスカルの責任の下に行われています。

「どこキャッチ」に関する問い合わせは、次の電話またはウェブサイトにお願いします。

株式会社パスカル

国の接触確認アプリ「COCOA」とあわせ、行動記録アプリ「どこキャッチ」や「新型コロナウイルス感染症対策長野県民手帳」をご活用ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:営業局 

担当者名:(次長)合津 俊雄 (担当)島津 豊

電話番号:026-235-7249

ファックス番号:026-235-7496

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?