ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 第1回 温泉地 Re・デザイン研究会を開催します

ここから本文です。

更新日:2018年9月21日

第1回 温泉地 Re・デザイン研究会を開催します

長野県(観光部)プレスリリース 平成30年(2018年)9月21日

 団体客から個人客へ、また、インバウンド、一人旅など、温泉地を訪れる方やその楽しみ方は日々変化しています。この変化に乗り遅れないよう、現状を学び、今後の温泉地経営とはどうあるべきなのか考え、各温泉地での新しい滞在の形を創造する取り組みの推進を目的として、「第1回 温泉地 Re・デザイン研究会」を以下のとおり開催します。

 

<日 時>
 平成30年9月25日(火)13:00~16:50

<場 所>
 塩尻市市民交流センターえんぱーく 5階イベントホール
 (住所:塩尻市大門一番町12番2号)

<参加者>
 県内温泉地周辺の宿泊・飲食・小売等の事業者 及び
 観光協会、旅館組合、行政担当者等の観光に携わる者  約30名

<内 容>
 〇講演(1) (一社)長野県観光機構 地域DMO推進コーディネーター 木村 宏氏
  演題 「温泉まちづくり研究会の事例から学ぶ、いまの温泉地経営に求められていること」

 〇講演(2) NPO法人ORGAN(長良川DMO) 理事長 蒲 勇介氏
  演題 「長良川ブランドの価値を高める好循環~長良川おんぱくから長良川DMOへ~」

 〇パネルディスカッション
  ・株式会社WAKUWAKUやまのうち  監査役 中尾 大介氏(湯田中渋温泉)
  ・株式会社信州未来づくりカンパニー 代表取締役 松嶋 豪氏(乗鞍・白骨温泉)
  ・株式会社阿智☆昼神観光局      代表取締役 白澤 裕次氏(昼神温泉)

<その他>
 事前取材の申込みは不要です。

<問い合わせ先>
 一般社団法人長野県観光機構 担当:松本 翔 電話:026-217-7205

 

しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 一般社団法人長野県観光機構
担当者

(センター長)内田 孝雄 (担当)松本 翔

電話 026-217-7205(直通)
ファックス 026-217-7331
メール dmo@nagano-tabi.net
担当部署 長野県観光部山岳高原観光課信州ブランド推進室
担当者 (室長)斎藤 政一郎 (担当)柳沢 美里
電話 026-235-7249(直通)
026-232-0111(代表)内線:3547
ファックス 026-235-7257
メール brand@pref.nagano.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:営業局 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?