ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成30年(2018年)1月プレスリリース資料 > 長野県立大学では、経済的な理由により、授業料の納付が困難な学生の授業料を免除します

ここから本文です。

更新日:2018年1月23日

長野県立大学では、経済的な理由により、授業料の納付が困難な学生の授業料を免除します

                                                    長野県(総務部)プレスリリース 平成30年(2018年)1月23日

 長野県では、学生が経済的な理由で大学進学をためらうことがなくなるよう、「県内大学進学・修学のための入学金等給付金」、「ルートイン・グループ寄付金等活用 長野県飛び立て若者!奨学金」などにより独自の支援を行っています。
 本年4月に開学する長野県立大学では、経済的な理由により授業料の納付が困難な学生について、授業料の全部又は一部を免除します。

1 減免の対象者

 (1)次のいずれかに該当する学生については、授業料の全額を免除します。
   ① 本学に入学するまで属していた世帯の家計支持者が生活保護法による要保護者である学生
   ② 本学に入学するまで属していた世帯の家計支持者が住民税(均等割又は所得割)非課税の者である学生
   ③ 社会的養護を必要とする学生(本学に入学するまで児童養護施設等に入所していた者又は里親等の養育を受けていた者)
 (2) 天災、家計支持者の疾病・死亡、家業不振その他世帯の状況に応じ、理事長が上記(1)に準じて授業料の減免を相当と認める学生については、
   授業料の全部又は一部を免除します。

 2 減免の手続

 (1)毎年度、申請に基づき、該当年度1年間の授業料の減免を決定します。
 (2)申請にあたっては、申請書に「授業料納付が困難である理由」を記載していただくほか、証明書類(住民税課税証明書、生活保護受給証明書、児童養
  護施設等在籍証明書又は里親委託証明書等)の提出が必要となります。
 (3)なお、申請内容に虚偽があった場合や著しい成績不振又は性行不良が認められる場合には、減免決定を取り消すことがあります。 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 総務部県立大学設立準備課
担当者  (課長)宮原 茂 (担当) 金子 功
電話  026-217-2241
ファックス  026-235-0026
メール  daigaku@pref.nagano.lg.jp

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?