ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 長野県庁見学トップページ > 県庁見学こども記者体験 > みんなで知ろう!信州の歴史6

ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

みんなで知ろう!信州の歴史6

木曽地域(名古屋藩)

木曽(名古屋藩) 山村氏が実質支配

■ 山村氏は関が原に向かう徳川秀忠(とくがわひでただ)の先陣を承って活躍し、勝利を得たことから木曽谷の徳川直轄支配(とくがわちょっかつしはい)を任される木曽代官(きそだいかん)となり、以後明治2年に至る274年間木曽谷を支配し関所を守っていました。

■ 木曽の山林と日本四大関所の一つ福島関所の関守を兼ねていたその権力は強大で、その屋敷は豪壮(ごうそう)を極めたものだったといいます。

■ 文政11年の絵図によると福島小学校を含む敷地に庭園が20あり、そのうち築山泉水(つきやませんすい)の庭が5つ、その1つが現存する下屋敷と庭だとされています。

 

山村代官屋敷 提供:木曽町観光協会

 

 

お問い合わせ

教育委員会事務局文化財・生涯学習課

電話番号:026-235-7439

ファックス:026-235-7493

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

  • 長野県公式観光サイト ゴーナガノ あなたらしい旅に、トリップアイデアを
  • しあわせ信州(信州ブランド推進室)