ホーム > 防災・安全 > 防災情報 > 避難所TKB環境向上プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2022年2月16日

避難所TKB環境向上プロジェクト

県内において大規模災害が発生し、ライフライン停止・住家の被害等で多くの住民が避難所に一定期間避難せざるを得ない場合への備えとして、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止対策も求められるなか、避難所の確保、多様な避難の推進とともに、避難所における良好な環境の確保が求められます。

とりわけ、避難所において重点的に向上すべきものとして、ポイントとなる頭文字から呼称される「TKB」、「T」はトイレ(衛生)、「K」はキッチン(栄養)、「B」はベッド(睡眠)の向上が重要です。

避難所におけるTKBの向上のためには、県、国、市町村、NPO、民間団体など、それぞれが強みを活かした取組を、有機的かつ一体的に推進することが有効であると考えられます。

避難所の環境向上に関する実務者検討会

避難所における良好な環境の確保に向けて、研修会を開催し、先進事例や最新情報を収集するとともに、先進事例の自治体や団体への聞き取り調査を行いました。
そして、それらの情報に基づき、県と市町村の実務担当者で、長野県における避難所環境向上の考え方について検討を進め、中間報告書をまとめました。

避難所の環境向上に関する実務者検討会中間報告書(R3.1)(PDF:1,559KB)

避難所TKB環境向上プロジェクト取組み状況

仮設トイレ快適環境整備事業

「快適トイレ」の導入を促進するため、県内レンタル業者に対する補助制度を新設しました。3年間で75基の導入を予定。(25基/年×3年)
また、県発注の公共工事で「快適トイレ」導入を促進します。(三公共と連携・R3.2~試行)

交付要綱等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7184

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?